FC2ブログ

英語が悪くても1次or正規に受かるパターンはある!

さて、ミラクルというと頑張っている学生たちに失礼になってしまいますが、

今年は模試の下馬評を覆して合格に至っているor1次合格が来るパターンを結構みました。

例えば、これはまだ結果が出ていないので何とも言えませんが、

東京医科と兵庫医科、そして名古屋圏の愛知医科で英語が苦手でも1次合格はできたというパターンを

複数見てきました。これをどうとらえるかは別問題ですが、

ただ1つ言えることは、「英語がずば抜けてできなくても何とかなることがある」ということです。

もちろんこの一時的な結果は正規合格にたどり着かない場合もあるのですが、

裏を返せば「もう少し英語ができていれば医学部には合格できるのではないか?」という希望でもあるわけです。

なぜこんなことが起こるのか??まあ簡単な話だし、皆さまが思っている通りのことです。

これは、数学ができる!

これに尽きます。医学部受験は最後の最後は数学でほぼ決まります

数学がハマって、英語がある程度添えられたら、実力以上出せた場合には名前とか関係なく合格します。

2年前にも英語が極端に苦手だが、理数科目が付きあがった学生だった場合でも

日大医学部と愛知医科、そして昭和の補欠までとってきて、

彼が言っていたことは「あと3か月個別指導が早かったら確実に昭和正規だった」と。

(いやいや、もう少し早く自分でやってろよwと突っ込みましたが、今は楽しくやってるみたいです)

まあ英語が苦手パターンは、極度に苦手である+数学もできないだと

もはや医学部における受験資格がないに等しいのですが、

英語がある程度基礎と単語を詰めて、乗り切る努力だけちゃんとできれば、

そして数学強者+理科強者として頑張れば実はいい話は転がってきます。

まあ数学はどんなにできる人でも、その日思いつかなければできないし、

そういうことは必ずあるわけで、学校によっても得手不得手が英語以上に出てくるなと…

実は前々から確信していたのですが、今年は全体的に歴代最強近くに英語が強いのに

結果がなかなか出ないパターンも地味に多かったので(それでも大半が補欠を持っているのでそこは救い)、

これはもう間違いない…英語で相撲を取りすぎたら詰むなと思い、

方針を大きく切り替える場合も手札に持っていなければならないと私も進化途上でございます。


ただし、このメッセージを「英語ができなくても医学部受かるのか!」って捉えないでください。

英語ができない人は大学受験の資格が奪われるのと同じ。

そもそもの戦いに参加できなくなる場合があります。


でも、「英語が苦手だから」、「英語が極端にできなければ医学部は無理」とかって考えないでください。

戦略的にその人にあった勉強方針を考えれば、活路は見いだせることもあるので、

まずはやることをしっかりやって、その努力で培った実力を持ったうえで何ができるかを考えてください。

頑張った人には、やはりいいことは起こるものです。

苦手でも最後まであきらめずにやったから、英語が苦手でも合格or合格一歩手前を手にしたわけですから、

ここは大いに称えてあげなければなりません。

そして、繰り上げ待ちの学生がうまくいくことを心から願うのみです。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan