FC2ブログ

久留米医学部1次3勝+どんな試験からも逃げない!+勉強が嫌いな人はこれを最初やれ

さて、最近予備校に行って、色々結果を聞いてきましたが

久留米大学医学部1次3勝いたしました

まあ実は藤田に受かっている学生が2名なのでもう2次にはいかないとのことですが、

1名はまだまだ前期で勝てる道があるよ、よかったね!という話をしておりました。

ここにきて、予備校の方は面接指導があわただしい感じになり少々安心しております。

が、愛知医科と藤田の合格が地味に難しいことを非常に身に染みております…。


さて、そんな感じである一方で、早速面談を済ませて、浪人生活をスタートした学生もいます。

早速今週から授業と方針を決めて、ガンガンやり始めております。

(そうなんです、早速来年勝つために動く人もいます。

ここがスタートと思える人は受かる可能性が一気に上がる。

甲子園とか春高バレーとかみたいな考え方をしないと受からない場合があるので、

今年はダメだったと感傷的になっている暇はない。)

でも、ある一人の学生には、あまりにも成績が厳しいものがあったので、

4時間かけて現実をぶつけ、自分の状況を本当の意味で知ってもらい、

へこみつつも、自分の夢のために頑張るとまとまりました。

でも、やはり引き受ける以上は合格しかありませんし、額もそれなりなので

下手に引き受けることはできません。3月終わりに結果を出さなければ、

プランを白紙にして再考すると話し、彼には頑張ってもらっております。

そこで、今回は習熟度テストを設けて、本気度と進捗度をみるという形をとりました。

まあテストというと、気が引けるのですが、今年の予備校や家庭教師の学生状況を見て思ったのは、

できない人ほど小さなテストでさえも避ける傾向にあること。

もちろんテストスコアが悪すぎれば、私もそれなりに口を出しますが、

大きな叱責はここ最近誰にもしていないかなと。まあスコアが悪くて叱責してもいいことがないですからね。

それに模試が悪くても本番で受かるパターンは嫌って程見てきたので、半分はあてにできないと思っております。

でも、それでも、やはり単語や漢字の小テストの継続は偉大でして、

できた・できなかったというところだけで焦点を当てるよりは、

「次はできるようになろう!」と努力をする場として考え、

テストのスコアをあまり考えず、とにかく継続して頑張ることを意識する!


これは講師の持っていき方もあるのかもしれませんが、

個人的にはある一定レベルの単語ごときの暗記は自分でするぐらいにはなってほしいので、

テストはやりますが、学生のやる気がそれなりならちゃんとするんだと信じております。


というわけで、まずは勉強があまり得意じゃない人は、

与えられた課題やテストを継続的にちゃんとこなす、

特に最初の3か月はどんな結果でもめげずに、

とにかく自己ベストを目指すことを目標にしてください。


そして、決められた時間にテストを受けられない人(もしくは自分で決めても適当にしちゃう人)、

「今日はあんまり勉強していないのでダメだった」と言い訳ばかりする人は

やはり勉強の状況を見直してください。これも多分プランと進捗状況に問題があります。

先の学生には毎週2回テストして、文法の総復習をして、4月の頭まで様子を見ます。

まあうまくいくと思ってしかプランすることをしてないので、うまくいくでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan