fc2ブログ
雑記

医学部受験での1次1勝は大きく流れを変えることもある。

さて、実は昨日東北医科薬科の医学部の結果の続き。

実はエヴァンゲリオンを見た後ちょっとしてから、ある学生から連絡が入り、

1次来た!!

という知らせをもらい、無事合計4勝となったわけですが、いやー、これも大金星。

それなりに実力がある浪人生だったのですが、昨年1勝もできなくて心がかなり折れたのですが、

やっときました!!いやー、うれしいですね。手塩にかけた学生だったので、本当によかったです。

でも、まだ正規合格ではないのでまだまだ油断はできないのですが、

それでもこの1勝はでかい!

そうなんですよ、医学部受験はどこも難関校ですから

(川崎医科だって早慶と張るレベルです…問題のクオリティは後者のが高いし難しいが…)、

私立数校しか受験しないというのは、最上位国立医学部を受ける学生か、

国立しか行けない家庭だと思っています。

(だから、国立しか行けない家庭は防衛医科とか私立の地域枠(減額あり)、

自治医科とか産業医科を受けて受かるぞという指標で勉強をした方がいいです。

国立医学部だけというのは、共通テストがものをいうのであてにならない。

取れなかったときにどうにもならないので違う道を模索した方がいいときもあるし、

上述した学校が受かるレベルまでの実力があればなんとかなると希望が持てるし、

長くやらなくていいかもってなるので。国立一本でいくならよほどの覚悟を持たないと駄目です。)

沢山受験する人が多いと思いますので、前半で結果が出せなかった場合には

失敗の尾を引く場合があります。どんなにすぐれた学生でも、

合格の流れに乗れないことで結果的に全滅ということもあるので、医学部受験は難しいです。

過去にも、実は受かるはずの私立が受からなくて、名市大医学部一本という状況になって国立に突っ込んで

相当ひやひやモノだったこともあります。このときも、ダメだったら「浪人」という話は出ていました。

受かったからいいものの、私立の結果がない場合はそういう死と隣り合わせになってしまうので、

どんなに志望校ではない1勝だとしても、勢いに乗るための1勝という意味では

本当に価値ある一勝

そしてまだまだ受験は続くので、この先もいつものいいテンションで受験ができる可能性まで出てきます。

(東海圏の学生は愛知医科や藤田が最初の方にあるので、それがスタートとなり流れを作るのが大変ですよね…)

というわけで、まだまだ1勝を得ていなくても、まだチャンスがある学校は残っているのでぜひとも頑張ってください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

トラックバック