FC2ブログ

お久しぶりです。+近況と対策授業の状況

お久しぶりです。さて、無事医学部受験の対策指導が目途が立ち、明日仕事納めができそうです。

非常に今年は授業が最後まで長引きましたが、

多分歴代でも最大レベルで指導がうまくいったかなという状況です。

そして、先日も同志社大学と早稲田大学の指定校推薦の合格の声をいただきまして、

非常に安心いたしました。これで文系は順当に全勝いたしました。

模試の方も、駿台実践も河合のプレテストの方もまあ85%を割らなくなったので、

リスニングがあったとしてもまあよっぽど崩れることはないかなという感じで、

今年は95%以上しかとらない対策に専念していこうかなと思います。

今年は本当に死ぬほど勉強してくれて、分量も添削もかなり多かったわけですが、

指導としてはほぼ満足なレベルでして、英語ができなかった学生も

一例をあげれば偏差値40から60まで1年で駆け上がった学生もいれば、

偏差値60より上に行かなかった学生が記述模試で偏差値75をたたき出して、

防衛医科にまで手が出せるレベル(1次来ております)に驀進した学生もおります。

しかし、相当こういうことは稀なはずなのですが、毎年誰かしらこういう学生出てくるのは、

本当にうれしいことでして、今年はそういう驀進力を見せてくれた学生が多く

いやー、目の保養というか、相当授業も突っ走ったことばかりしました。

前置詞や形容詞の話は特に何百も事例を出したり、覚えさせたり、

黒板が書きすぎて消えないほどでしたが、まあ本当によく覚えてくれました。



こういう学生に変貌してくれる学生はじゃあいったい何を持っているのか???

もちろん、隠しませんが、もともとのポテンシャルや経験値の違いは多分にあります。

でも、そういう学生であっても練習を怠けてしまったり、勉強をしようとしない人は

英語という科目はできるようになりません。そして、国語力を振りかざしてできる風に見せていても

そういう中途半端な勉強をしてきた学生に本当に英語を書かせた場合には

非常に稚拙で読解も曖昧模糊で、同じ言語でも大きな隔たりがあり、習得は容易ではありません。

英語に必要なのは、絶対にうまくなるぞと思い込んでからの集中力と忍耐

そして、驕らない精神と課題やテストに対する貪欲さを兼ね備えていること

(どうしてこんなにテストが簡単なんだ!?といろいろなところで学生に怒られたことがありましたwww

俺は本気じゃ。お前らができるようになってるんだと言い返してやりたかったのですが、

その次に作る問題で黙らせたので、喧嘩両成敗ww本当に頑張ったと思いますし、

僕は勉強になったことが多かった。)

こういうものを持っている人は本当に勉強ができるようになりますし、

人生が苦境に陥っていても這い上がれます。

そういう生徒が一人でも増えるようにまた頑張っていきたいと思います。

まずは、1月の本番で医学部受験生は1勝をもぎとってこれるように追い込みいたします。

ここからが本番ですよ!
cancan
Posted bycancan