FC2ブログ

今年は少し目線上に見ていないと詰みます。

さて、今年の推薦入試的なものはみな終わりましたが、

今年の動向は、愛知藤田の推薦に関してはまあ浪人有利で、

特に愛知医科は合格者をちょろちょろ耳にするのですが、ほとんどが浪人です…。

(現役で受かった学生は相当優秀な気がします!おめでとうございます)

噂では推薦でもボーダーが70%ないと駄目かなとみたいな話が出ており、びっくりしました。

(でも、本当に受かった学生は例年よりも高得点で、70%をトータルでとってきたというのはあるかなと。)

という具合で、巷でも言われていたように、浪人有利というのが正直な実感です。

でも、もちろん浪人と言ってもピンキリで、浪人として時間を費やしてみても、

言うほど勉強ができていない学生もいるし、毎年医学部受験においては浪人のが強いに決まっておりますから、

大きな変化はないですが、多浪生は受験を終えるチャンスですね。

というわけで、強者強しという状況があからさまにわかっている状況で

合格最低点を調べて算段を立ててぎりぎりを狙う人は

まあ詰みます


特に今年はセンター最後の年で、みんなが「浪人したくねー」って思って勉強しまくった年でもあるので、

合格点が少し高い学校も多い、もしくは難しい問題だったにも関わらずスコアをとるじゃねーかっていう学校も少なくない。

その憶測を勝手に詰め込んで、昨年ほどにはならないだろうと言って、下回った憶測をしているとすぐに

足元を掬われます。受験ってそういう油断が一番ダメなんですよね。

そこでアドバイス。

基本はどんなテストでも80%を目指すぞ!

ってぐらいでこなしていてください。


もちろん慶応とかで80%とるのは難しいのですが、それでもそこを狙うんだという気持ちをもって準備はしましょう。

でもですね、本当に80%を取る学生はどこにでもいることも忘れないでください。

そういう学生が自分の学友になるかもしれないわけで、そういう人と付き合うためには

自身もそういう実力をもっているor備えている可能性が高いぐらいな立ち位置にいなきゃです。

過小評価をしすぎず、自分を冷静に見つめ、研鑽を続けてください。

それができる強者はきっと志望校に合格できます。
cancan
Posted bycancan