FC2ブログ

時間内に解くことを訓練しないと受験ではどうにもならない

さて、今年は英語指導がなかなかうまくいっているのですが……

正直上位層だけだと思っております。

今年は偏差値50を下回っている学生たちから大化けした学生は2人ぐらいですかね…。

1人は非常に実力が変わってくれて、1年で偏差値40前半から何とか65に差し掛かるぐらいの基礎力をつけました。

もう一方もかなりスタートは危うかったのですが、無事偏差値60を越えてくれてよかったです。

それなりには結果が出ているとは思いますが、

正直申し上げてそうではない受験生もちらほら。まあ勉強時間が少ないとか集中力が乏しいとか、

極端に苦手だから後回しにしちゃうとか…まあなかなか前途多難です。


でも、それでも年内は基礎だけ必ずやれ!と厳命して頑張ってもらっておりますけど、

そういう学生にはいろいろ癖があるんですよね。

それはですね、解答時間への配慮のなさです。

英語を学習するうえでもちろん「英文が読める」ことは大前提で、

そのためには辞書をしっかり引くことは英語学習において重要な要素なのですが、

それを続けすぎると、無限に時間があると思いすぎてしまい、辞書に甘えて引きまくって

うまくいっているように見えてしまうことがあります。

でも、受験ではそれが通用しないわけでして、ある程度自分の実力を

「時間内で解ける」レベルに引き上げていかなければなりません。

辞書をぴーぴー引いて、読解を自力でしていけば実力がつくのですが、

「いつそのピークがくるか??」っていうのは、それではわからないし、

受験においては悠長な時間を取っていられません。だからこそ、自分自身で

時間を縛った練習をしていかなければなりません。これは短期で実力をつけるにはいいと思います。

時間で解き終えたら、採点して、復習をじっくりやるにすればいいのですよね。


そこで、今年は特になのですが、時間を区切って英文を読み終えるという作業を授業内で行って、

時間への意識を高めてもらおうと仕込んでおります。

そして、困ったら全部辞書に頼る!みたいな究極依存系な学生を矯正するために、

時間で縛るようなことをしております。

これをやるとだんだん時間で対応できる学生が出てきたりするんですよね。

またこっちが問題の難易度を操作してやると、成果は結構出たりします。

まあ、時間内に終わらない人の大半は、ぱっと覚えられていない以上に、

知識がほぼ入っていないことが多い
のですが、今年はそれを感じてもらうために頑張ってもらっております。

難易度が高い英文で2~3分足りないなぁは誤差なので、まあやり切りましょうね。

とにかく時間制限をかけた勉強がこの時期重要になるのでしっかりやってみてください。
cancan
Posted bycancan