FC2ブログ

合格したという事実が、周りを合格できる集団にする。

さて、先日もAO入試での結果が1勝来ました。医学部ではないですが、うれしい限りです。

今年はあまり実力的に微妙だと思ったら、AO入試で勝負!って具合にしてるのですが、

非常にその読みが当たっており、学生に適した受験ができているなと。

これで、11月は5勝しております。早速受験が終わり始めてきて、

今度は防衛医科大学の1次結果が来週にも聞けそう…そして、愛知医科推薦入試が控えております。

今年は、本当に本当にお世辞抜きで頑張っている学生が多いので、

私も肩をもったり依怙贔屓気味に学生を見てしまうのですが、

ただの依怙贔屓ではなく、実力が備わっていると他者からも評価されているなということが

結果からも実感しております。そして、学部関係なくいい感じの学校ばかり来ています。

藤田医学部3勝、南山(文・外国語)2勝

そんなわけで、今年はスタートダッシュが無茶苦茶いいのですが、

こういう流れは、周りの学生にも影響してきます。

私の家庭教師の雰囲気でも、予備校のクラスでも、1人、2人受かったとなれば、

「自分もこの流れにのらねーと駄目なんだよな…」って感じで、雰囲気もぴりってしてくるんですよね。

去年は予備校の方ではそういう感じになったんですよね。

私立クラスの方が先に推薦で合格者が出て、国立組が「うわぁ、やばいぞマジで…」ってなって、

本気で問題を解きぬくぞ!ってなってから勢いが変わってきました。

もちろん私立クラスは、「あいつが受かったなら、俺も受かるぞ!」ってなるんですよね。

今年は受験前から「模試が簡単です」、「先生の問題にひねりが少ない」(結構本気出したんだけどな…)

こんなコメントが飛び交って、私も気合いが入り、数名の勢いが他の学生に飛び火して、

目指すところもめちゃくちゃ高く、本気で行けるぞっていう雰囲気なんですよね。

1勝できる前からそういう雰囲気ができており、その言い出しっぺとは別に合格者たちが出始めているので、

なおのこと、いい感じになると思います!


反対に、「このクラスにいてもダメだ」、「厳しいことを言われないってことは、もうあきらめられているんだ」っていう

雰囲気もまた容易に伝播するので、指導者側は運営に気を払わないといけません。

まああまりにもできなすぎる集団だった場合は、割り切って基礎に走るでも一つの手段ですけどね。

先日も個別で「今までのやり方を捨てて、先生のブログやお噂を聞いてやって来た」的な人が来ました。

ここから挽回するっていう気で、心機一転するのは怖いですが、その不安が消えないのであれば、

ここで流れを変えるのも1つだと思います。

(私自身、あまりにも基礎(文法や単語がわからん)をやっていない人にはものすごく厳しいし、

受験の授業ってよりは、「入試問題を抜粋して、基礎に少し寄せながら加工する」ということをして、

基礎の徹底に走ることはあります。ただ過去問を解いていても受かりませんからね…。

でも、それが嫌なら上のクラスとか、自分の目的に合ったクラスに行けばいい・

個別授業をとればいいって思っています(個別の場合は話し合いましょう)。)

まあ何はともあれ、「受かった!」という他者の吉報は、

その集団に対して、いい意味でも悪い意味でも大きな激震を与えます。

(どうしようという不安を与えないようにはこちらも気を付けております。自分は自分という思考も大事。)


今年はとにかく攻めまくっている1年です。歴代でもトップクラスに難しい問題を解いている方だし、

根性を見せている集団になっており、自慢の学生ばかりです。

こういう年も稀なので、ありがたいのですが、まだまだいじめる気(否、実力を無茶苦茶あげる気ww)で

私の方も頑張りますので、最後まで完勝する気で英語をやりましょう!

今年は後期受験まで戦います!最後までどん欲に最上位校を目指しましょう!



(そして、そういう熱い学生、まだまだ募集中です。対策も来年度の話も。

今年は少し力が有り余っております。リモート授業もできますので、よかったらどうぞ。)
cancan
Posted bycancan