FC2ブログ

赤本対策はちゃんとしていますか。

さて、AO入試や推薦受験が各地で行われておりますが、

今年は本当に推薦系の入試に飛び込む学生がたくさんおりますね。

私の指導生もすでに2勝しておりますが、今年に限っては推薦入試でよかったねと思うことは確かに多いです。

一方、藤田の推薦も1次3勝して、昨日2次試験を終えたわけですが、果たしてどうなるやら…。


そんな感じで、皆さんの受験にも推薦入試が組み込まれている人も多いでしょうが、

推薦入試にとらわれてしまうと、赤本がやれなくなってしまうんですよね…。

特に文系は12月~1月は共通テストと志望校の勉強をしなければなりませんので、

実は10月から始めていなければ、5~7校の過去問って終えることができないんですよね…。

それに気づいていない、そして、それを逆算して勉強計画を立てていない人は結構多いと思い、

医学部受験指導でも、過去問演習は10月の終わりからぐらいは必ず始めております。

というわけで、もういい加減赤本をある程度揃えて、もしくは東進等のサイトで問題をダウンロードして、

解きぬかなければ、相当不安が残る受験になりますので、大変かと思いますが傾向を知っておきましょう。

では、赤本ってどうやって扱うべきか…という問題が上がってくるわけですが、

まあいろいろな使い方があると思います。

私が学生によく話す使用法を少々。

①:最新の過去問は残しておいて、やるなら3~5年前のものからさかのぼっていくこと。
  (3年分やるなら2018年のものからスタート)

②:そして、1回目は傾向と相性を見るために時間制限なしで解く!

③:1回目は解いた後に分析をして、2回目はそれを意識して時間制限を少しかけてみる。

④:2回目まで解いたら、何が苦手かを把握して、その分野の演習をする。

⑤:ある程度苦手分野の問題を解いたら、

  あとは3回目の問題(最新の過去問)を解いて考える。


っていう具合でやっております。

まあ各科目、そうやってやるように話しているわけですが、

10月にいろいろ知って、11月に苦手分野を潰すor傾向を知りまくる、

そして、それを強化したら12月は共通テストの勉強と赤本を惰性的に解いていくという感じにして、

試験本番の残りの数週間(文系だと共通テスト明けから数える、医学部は12月まで共通テストと並行)で

詰めていかなければなりません。

私の指導では基本的にはこれにさらに加えて、学校に合わせたオリジナル問題をやっていくので、

志望が決まっている人やそこにしか行きたくない人には最適。まあ死ぬほど解いてもらいます。

よく「惰性的に解いても…闇雲に解いても」といって分量が少なくてもいいというはなしが出てきますが、

もちろんその通りですが、心理的にはそれではやはり不安が払しょくされないので、

もういろいろ考えて躊躇するなら問題を解きぬけばいいじゃんっていうのが私の答えです。

その中でしっかり知識を吸収すれば問題ないわけですから、ぜひ過去問を解くモードにしていきましょうね!
cancan
Posted bycancan