FC2ブログ

記述解答が苦手な人のための医学部英語試験ガイドww vol.1

さて、今年も少しずつ模試の結果が続々と返却されてきております。順当に結果を出してくれているのですが、

なかなか全教科揃ってスコアがいいと言える学生は少ないですね。

まあでもそれが受験みたいな部分がありますので、あまり気にしなくていいのかなと。


それでも記述模試の記述部分でスコアが出せなかった人は、

それなりに謙虚に受け止めなければなりません。

私も長年記述することをメインで指導してきて、結果的にどの大学にも対応できるようにしてきたつもりですが、

今年は記述形式で格好から戦える学生は例年よりもかなり少ないので、

マーク形式重視の学習に絞り始めています。

持論ですが、記述形式をちゃんとやってきた人にとっては、

マーク問題なんてちょっと練習すれば誰でもできるようになるものなのです


だから、毎年私の指導生は結果的に11月までガンガン記述にまつわることをやるのですが、

今年はそれでも形式的に準備をしなければ多分うまくいかないというパターンも増えそうなので、

対策重視の仕様に授業がなっております。

そこで、医学部受験において、英語試験でマークが簡単なところを少し紹介しようかなと。

マーク形式オンリーの所は結構あるので、作戦勝ちはできるものです。

よかったら参考にしてください。(特に対策しやすいところを紹介します。)


1.埼玉医科(全般的に解きやすい)

3年前ぐらいから形式が少し楽になり、解くペースの目処も立つようになり、かなり楽に。

長文読解の設問も癖がないし、

英文が長くても内容だけ抜き出すだけならそこまで複雑な文法もいらない。

センター試験に近いので是非ともやってみて判断してほしい。



2.岩手医科(長文読解)

形式が大幅に変わった3年前は正直「量が多い」って思い、ビビっていたのですが、

ここ1~2年で普通の量に変わったので標準的だと判断しました。

医学ネタで少し読みづらく感じるものもあるかもですが、それほど難しくありません。

練習すれば全然教科書レベルの問題として処理できるし、

センター試験を少しハードモードに強化した感じです。

制限時間的にもそれほどタイトではないのでここも検討すべきです。



3.金沢医科(内容的に簡単)

金沢医科の英語は4題英文を出題してきますが、どれも読みづらいものはないです。

統計に関するものや、医学・保健系の内容が多いですが、よく話題にされる内容が多く、

とっつきやすいです。また設問も単語に関する設問が多く、内容一致問題も素直。

オーソドックスな医学部でよく出されそうな英語試験形式です。

ただ、ここは時間配分が難しいところで、速読が求められるので注意です。

悠長に解く練習だけしていたらアウト。10分から15分で英文を解く勢いでやらないとダメ。

相性が出てくるのでちょっとやってみてから考えてほしいです。



4.福岡大学医学部(和訳以外の問題全般)


福岡大学医学部は読解問題の英文がもうセンターレベルなので、読めないってことはないはずです。

文法のマーク形式や発音問題もそれほどひねくれたものは少ないです。

(たまに「あてはまらないものを選べ」っていうのがあるが、市販レベルの知識で解ける。)

穴ぼこ並び替え問題も最近は易化してきたので、ちょっと頑張れば問題なし。

ただ、ここは和訳が1問だけあることと高得点勝負なので、ミスが少ない人にはお勧め。

文法が厳しい人でもちょっと勉強すればなんとかなるのですが、

80%切ったら厳しいぞっていう気でいないとダメですので、やっぱりやってみてください。



とりあえず、4校ほどあげてみました。まだまだ結構ありますが、これはまた次回ということにしておきましょう。

ね?4校もそれなりに挙げることができるんですよ。

私からしたら早稲田慶応やMARCHと比べたら本当に下位ランク私立医学部の英語の問題は簡単です。

(下位ランクといっても偏差値はもはや早慶と言うほど変わらないの、で受かるには大変です。)

ただ、4科目揃えて、勉強も万遍なくしなきゃいけないという点でやはり大変なので…

まあよかったら参考にしてみてください。
cancan
Posted bycancan