FC2ブログ

駿台高1記述模試の雑感と、医学部に受かるために高1までに必要な英語力とは

先日、高1生と一緒に駿台記述模試のやり直しをしました。

ここ数か月で死ぬほど頑張っている学生の1人で、なかなか覚えることが苦手でうまくいっておりませんが、

それでもなんとか一通り大学受験で必要な英文法を終わらせて(接続詞とかも一通り説明を終えました)、

いざガチの全国模試に臨んだのですが、まあ正直なかなか手が出なかったそう……

いやー、ダメだなぁ、テキストでやったことばかりだったねぇーと言いたいところですが、

まあ現時点で入試問題クラスの問題が出題される駿台記述模試なんて

それほど点数が取れていなくてもあまり気にしなくていいです


高1~2の模試なんておみくじに近く、今できたから医学部合格が保証されるなんてことはないし、

過去に指導してきた学生の中にも、高1で偏差値75越えしても

単語のストックが増えない・国語力がないために

高2では偏差値60、高3の夏には60を割るなんてことはよくある話
で、

別に気にしないでほしいです。

私も高1~2の学生には

「今の偏差値から、河合なら-5~-7ぐらいが高3の模試の偏差値だと思っていい」


ぐらいにはなしております。

だから、早い段階でスコアが出てしまうと、維持が大変だったり、メンタルが崩壊することがあるので

まあスコアが取れても「さっさとボキャブラリーを増やして、とにかく読みまくろう」ぐらいに思ってください。


実際に駿台の記述模試の長文読解問題を2本解説してきましたが、

まあ高1に容赦なくMARCHクラスの読解術を要求してくるし、和訳は平気で文法が捏ねくり回されており、

まあ高1にしては完答が難しいものがちらほら。

また実際にvetをおそらく高1生で知らない人が多いのを予見したのか、

そこに絡む設問の記述解答例がものすごく微妙だったし、

まあなかなか大変だったかなというのが本音。

ただ、もちろんできないままではよくないし、おそらく鉄緑に所属していたり、

灘・開成・桜蔭あたりの学生はしっかり処理する学生も多いでしょうから、

その辺と戦いそうな大学を目指す人には、「さっさと先に進む努力に勤しめ」と話します。


じゃあ、医学部受験を指標にしたときに、このレベルは絶対に解けなければならないか?

というと……もちろんそれはNO!

医学部受験をするにあたって、現時点で高1の場合、

必要な力は知っている文法知識をとにかく増やすことが大前提

そして、それに加えて、一歩先に行きたい人は

英文解釈やちょっとした英作文を始めるのは一つの手ですよね。

例えば、文法の基礎を終えた学生たちにはよくこんなのを渡しています。
基礎英文

旺文社の『基礎英文問題精講』は、少々古いですが、英文を読み進める上で必要不可欠な知識が

たくさん詰め込められて、例文のクオリティも半端なく高いので一冊完璧に終えるだけでも力が付きます。

よく高2~高3で渡して1年かけてしっかりこなす学校もあったり、

まあある程度レベルアップしたい、4択問題がちょろく見えると物足りなくなった人はぜひ一度取り組んでみてほしいです。

高1でこのレベルが解けてしまったら、まあなかなかな化け物です。


長文読解はもちろんできた方がいいですが、

まずは中文を読みまくって、単語や表現技法の知識を増やして、

そのあとに長文読解をひたすらこなす!


っていうぐらいでいいのかなって思います(まあ学校でそれなりに教科書読むし、長文読むでしょ?ww)


駿台の模試をやると、まあ心が折れる人が多いですが、

本気でちまちまやっていくと、1年でそれなりに駿台の模試だって解けるようになるので、

まずは1回受けて、「あーこれが全国のトップクラスの問題ね」と実感して、

死ぬほど勉強するプランを立てられるほどのタフさをもってください。
cancan
Posted bycancan