FC2ブログ

勉強すると、いろいろあります。

先日、私の大学院の時の友人がラーメン屋を開いたということで、

早速食べに行ってきました。

その彼は大学で「文化大革命」について研究していたのですが、

PhDコースには進まず、料理人の世界へ飛び込み、

今奥さんと頑張っていました。

豚骨ラーメンがおすすめだということで、それを注文し、

いざ実食!

正直、修行をちゃんとしていないからどーせろくな味も出せないだろうよ

と、鼻っからさめ気味だったのですが、

これが意外に上品な豚骨ラーメンで、悪くなかったんですよ。

(麺に関してはダメだししたけどね。)

他にもサービスでいろいろ出してくれたのですが、

なかなかうまくてちょっとびっくりでした。

大学院を出てラーメン屋になる人はなかなかいないでしょうね。

人生こういうこともあるから面白いんですよね。


実は私もラーメンには目がなく、けっこううるさいんです。

実際に名古屋のラーメン屋さんはもう150店舗は制覇したと思います。

関東圏のラーメン屋も合わせると、相当のお店に足を運んでいます。

ラーメン好きになったのは、学部生の時にやったモニターがきっかけです。

そのバイトは、あるグルメ雑誌編集者に1万円もらって、

一週間で10~15杯ぐらいラーメンを食べて、レビューを書き、

アンケートに答えてくれというもので、

これがなかなか面白くて、一時期頻繁にやっていました。

そうやって食べ歩いていると、だんだん自分が好きなラーメンがわかってきて、

書くことも辛口になってきて、一躍ラーメンマニアに変身してしまいました。

まあそれを職業にできるほどラーメンには詳しいわけではありませんが、

お店の場所と何系で、どれがうまいんだよねという情報は

「ぐるナビ」みたいな情報サイト並みに知識を持っていたりします。

そんな知識が生かされたのかわかりませんが、

一度、あるラーメンのチェーン店から

「ラーメン屋にならないか」というオファーまでいただいたことがあります(笑)

まあ、何かの縁でもあるのですが、

さすがにラーメンを作ることに命はそそげませんでした……。

やっぱ食べる側でいたいです(笑)


こういった根も葉もないものが転がり込んでくるのが人生で、

真面目にやっていると、「俺の人生も捨てたものじゃないぞ」

と思うときがあります。

しかし、そう思わせているものはやはり

高校・大学で手に入れた「経験」がものをいっているように思います。

勉強といっても、教科書やノートを使って手に入れる知識だけではありません。

そこまでがむしゃらに勉強できた忍耐や、苦悩や、

人とかかわりあって何かを得た瞬間とか、いろいろなものを含めた経験です。

こういったことに巡り合うためには、

やはり勉強することも不可欠で、是非高校生や大学生は

率先して何かに着手してほしいものです。

大学を出て就職をするのがすべてではありません。

今のような混沌に陥っている社会ほど、

「安定した」会社という売り文句は危険だったりする時があります。

最終的にそこに落ち着くにしても、そこに安座するのではなくて、

常にチャンスが来るのを待ち、その瞬間を凝視し、

それを引き寄せるためにいつも努力をしていかなきゃいけないんだと思います。


大学院卒のラーメン屋、いつか一世風靡してくれると、

また一興なんですがね。

私もまた新たなことに着手していけないかと、チャンスを待ってみようと思います。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply