FC2ブログ

ネット授業はやはり定着率が悪かった…

さて、コロナ禍終息…と行くと思いきや、東京では感染者増加で、

確実に第2波がやってきたと言わざるを得ず、うーむというところです。

名古屋も少しずつ感染者が出てきており、早急に終息することを祈るばかりです。


そんなこんなでも、受験戦線は何の慈悲もなく淡々と続くわけですが、

さて、4月~6月のネット授業の状況から、6~7月になって対面授業が復活したわけですが、

(6月は対面授業での移行期ですよね…)

皆さん的にはどうでしたでしょうか。

実際に私のレギュラーの授業組も4月~5月まではずっとオンライン授業だったわけですが、

いやー、ZoomやSkypeさんには大変お世話になりました。私はスカイプで授業をしていたのですが、

いつも以上にホワイトボードに書き込みをして、いつも以上に学生の表情を窺って、

いつも以上に神経をすり減らしておりました。ただ、やはり雨の日や風が強い日は

つながりが悪かったり、何度も音が飛んだりで、やはりいつも通りとはいかなかったし、

とにかくわかっているのかどうかわからなんかったので、いつも以上にじっくり説明する分、

スピードは遅くなり、授業進度もいつも通りにはなりませんでした。

そして、私の授業は何よりも即興的に問題を解かせることも多く来たその場で問題を渡すのですが、

事前に課題を毎週送らないといけないことが正直結構負担でして、

また郵送代金はなかなかかかりまして、正直あの2か月はきつかったです。


ただ、プラスになったことも若干ありまして……

何と言っても、学生たちの学校の授業がびっくりするほどストップしたがゆえに、

私のほうの課題をガンガン進めたり、復習が嫌って程進んだので、

英検で爆発した学生や、学年トップをとってきた学生、

先日6月に受けた模試で高得点を出してきた学生等、先取り授業でうまくいった学生が多かったと思います。

また、学校がないがゆえに覚える時間が多くなって、いつも覚えられなかった学生が、

膨大な分量の暗記を高精度でこなしてきたという新しい一面を見せた学生もおり、

学生たちの中には自身のポテンシャルを垣間見て「やればできるね、俺」っていう学生もいました。


でもですね、この代償は正直大きかったです…

学校が始まってから、結局課題で潰されたり、思っているよりもちゃんと定着されていなかった学生なり、

特に予備校での指導生は差がついた学生も少なくありません…

(優秀な学生が多く、それが顕著なのが今年の傾向…)

とにかく、自主性にまかせたというか、自分で大丈夫って動画とか見て適当にした学生は

正直結構痛い目をみており、結局やり直すパターンになっている学生も少なくありません。

また、中堅塾~大手予備校の中でも、動画見ている前提で話を進めており、

見てない人はもうグダグダ…見ていてもウームという人はやはりおり、

上下の格差は無茶苦茶デカくなっている状態です。

(理科・社会ではこの度合いが特に顕著な気がする、やったやってないのレベル…)


やはり、自発的にネット授業で頑張れる学生はほんの一握りでして、

ネット授業で自己満足している多くの教育系YouTuberは無責任で、痛いよなーって思う。

(結構ニッチな物とかだったらいいんだけどね。あと動画で何とかしちゃう人ほど、勉強できない人よね…

英語の動画は基本文法系のものばかりで、著作権問題もあり、長文や解釈物はなかなかできないのよね。

文法の細かい説明なり、語源の話が本当に多くなっており、いやー言語学みたいな授業もたまに…

それこそ受験に必要ねーよってのも多く、正直申し上げて予備校講師の自己満足系もすくなくないっす。

だから最近ツイートをあまりしなくなった。そして、私的には情報をこっそりいただき、

学生が処理できるレベルで加工し、血肉にしていますwwwありがとう、知識系の予備校講師さんたち…!)


まあ、私はそんなわけで、対面ライブ授業に勝るものはないな、と再認識したので、

当分は引き続き今までのスタイルでやっていこうかなと思っております。

ただ、一方で可能性的なものも見えてきたので自分なりに売り出し方を引き続き考えてみたいと思います。
cancan
Posted bycancan