FC2ブログ

尋常じゃない結果は尋常じゃない量が創り出すもの

さて、もう7月も中盤ですが、今年もこの時期に無事三者面談が始まっており、

学生のいろいろな状況を聞いて戦略を立てることができております。

そして、引き続き私の方は授業準備に追われ、夏休みの授業を詰めつつ(結構今年は楽)、

ネット上のOpen Campusの準備をしていたりしております。

学生の模試の結果も少しずつ返されて、マーク模試の結果はなかなかいまいちでして、

めちゃくちゃ悪くないですが、正直完勝できる状況ではないぞという感じですが、今年は勝てる気がしております。


今年の学生は本当に頑張る学生しかおらず、課題をこなす分量が異常です。

コロナ休暇の時に1か月をしっかり使い込んで、英検の問題集を120ページを何周もやってくれた学生や、

休暇中に長文読解を100本解きぬいた学生や、文法が苦手だから和訳ものを70本+単語500個をやったり、

(いいですか、全員受験生ではなく、現役中高生ですよ??勉強舐めないでくださいね。

コロナだろうと何だろうと指示を出して添削してガンガンやらせておりますからね。

受験生はこれ以上やっているのは当然ですよ??とマウントしておく。)

とにかく異常な分量をこなしてくれる学生が多く、もちろん結果もそれなりに出ております。

英検では今のところ中3で英検準1級と2級の1次がちゃんときて、

中1で3級がちゃんと合格している形です(この学生はABCの書き方から始めた学生。)。

本気でちゃんと休みを使って勉強する気になれば、結果は出ます。


浪人組もまだまだ若干甘いかなって思う部分もありますが、

それでも文法課題200枚を添削しろという風に持ってきたり、

文法問題を400題を1週間で解き終え、ここからあと2週間で復習してイディオムを覚えこむという感じにする…

こういうことをガンガンやれる学生が今年は本当に多く、根性を見せております。

こういう年は、周りに流されて、私もやる気になったりするし、学生たちも影響されてうおーーーってなって

結果が出ます。そういう年だと思って私も動いており、今年は少し一段ギアが上がっております。


しかし、こういうことを書くと「もともと実力があるからできるんだ」とかよく言われてしまうのですが、

そういう風に「自分が普通である」とか「自分が他よりも劣っている」と思っているうちは、

できるようにはなりませんし、量なんてこなせないし、ましてや自分が思っている以上の結果なんて出ません。

勉強を本当に頑張っている人って、病的で思考がとにかく健全からはかけ離れている人が大半で、

0から大きな成就を得るのであれば、病的に頑張れるとか、精神的に図太くなければ得られないです。

(だから、こうやって少し高圧的に書いて、興味を持ってくれる人だけ繋がれればいいなって思っている次第です。)

できる人ほど「能力があること」よりも、「その閾値を超えることが重要」ということに気づいているわけです。

効率よく頑張ろうっていうのは、そういうことをやったあとに初めてできることであり、

反対に量をこなしていけば必然と自己啓発書なんて読まなくても効率を考えるようになるものなんです。

自分が思ってもみない結果を出すのであれば、自分が想像する以上のことをすぐにはやれなくても、

やらなきゃだめだって思って行動しなければなりません。

結果を出すのであれば、自分ができる範囲だけのセーフティゾーンだけにいないでください。

実力がつけば、いやでも人生のセーフティゾーンは増えてきますので、

今勉強できるときに勉強をしまくってください。

ある学生たちには夏休みは15時間ぐらい勉強しろと命じ、

3日間旅行いくor何もしないという交換条件で契約を結びましたwww

彼らの夏の頑張りに期待しております。そして、彼らの根性に私も応えられるように頑張ります。
cancan
Posted bycancan