FC2ブログ

1流になる人は、1流になるべき量をこなしています。

先ほど、名大の同期の方がアメリカで研究を続けていたのですが、

ついにtenure trackから外れて、民間の方へいこうという感じになったという話が

私のところに舞い降りてきました。いやー、ざっくり言いますと、アメリカの大学の博士を持っていても、

アメリカで一生涯大学教員が保証されるであろうポストを手に入れるには、

1席200倍の超難関を勝ち抜かなくてはいけないそうな…。まあ今に始まったことではないのですが、

何が怖いって、このコロナショックと相まって、

そう簡単に職を手放すわけにはいかない!っていう感じになってしまっていたり、

大学の資金力等の問題もあるのでしょうね、5年ぐらいは受け入れはあまりないかもねっていう話が出て、

就職活動をするとの話…いやー早速コロナウィルスのあおりを感じ始めておりますよ。


そんな優秀な先輩だったわけですが、どれぐらい優秀だったかと言いますと、

とにかく何でもかんでも意味わかんないぐらいものを知っております…。

そして、多岐にわたるジャンルのarticleや本を読み漁っている方で、

記憶力が云々とかってよりも、知識欲が半端ないっていう感じで、とても足元にも及ばない感じで、

よく相談に乗ってもらっておりました。しかし、それでもうーむという感じというのはびっくりで、

世の中の厳しさを感じましたね。

でも、私の中では確実に一流と言われるレベルの勉強量をこなしております。

1流っていう言葉は好きではないのですが、わかりやすいと思い使ってみました。

さて、1流の分量ってどれぐらいかというと、

そんなものはもちろんないのですが、1つの説は、「1つのことに1万時間」費やしたか?ですね。

100m世界記録保持者であるウサイン・ボルトもサッカー選手に転向した時に話していましたが、

「1万時間こなせば、1番ではなくても1流の領域には行ける」

という言及をしているインタビューを聞いたことを覚えております。

これは実際に論文でも証明されているので、

ぜひとも1万時間を費やせるほどの勉強をしてほしいなというところです。

一方で、これは私の感覚ですし、アバウトですが、

自分がえっ??って思えるほどの量をこなしてしまっているのを目の当たりにする量ですね。

私としては分量に関してはあまり驚かなくなっておりますが、

もともと人よりも分量をこなしている方で(でも、実力がないってことは自分が相当あほなんですww)、

分量が多いことに不満も漏らしたこともなければ、それなりにこなしてきたのでどうってことがなかったのですが、

大学生の時に度肝を抜かれたことがあります。

英語の授業で、2週間で英単語を2000個ぐらい覚える課題が与えられたときはさすがに、

「はっっ??」ってなりました。本を200ページとかならまだイメージできるし、

まあ難しいものなら大変だろうし、大変なら他の文献でお茶を濁すとかもできたわけですが、

シンプルな作業で且つ分量と日割りできるし、何よりなじみがあることだったにもかかわらず、

想像を絶する量を出されたので、さすがに焦りました。さらに初見の単語も多く、

この課題はさすがにできませんでした…。

でも、そういう課題を出したわけで、できるだろう人がいる+

実際に課題を出した張本人はこなしてきたと話していたし、

そういう現実を知り、その先生の偉大さと優雅さ等を見て、

「あー、こういうレベルの課題がこなせる人がエリートなり天才なのね」と肌で感じることができたのは

私にとって大きな宝となっています。

実際にそういうオーバースペックな課題をマックスの力でやれば、自分の実力もよくわかるし、

それをやり切れたときは大きな達成感も得られるわけで、

実際に大きな壁は結構越えられるものなんだなと実感までできたので、本当によかった。

まあそうかといって自分が一流だなんて言う気もないし、世の中天才なんてごろごろしているのですが、

少なくとも、1流とかなれるかわからんし、天才になんてなれないかもしれなくても、

それを目指して限界を超え続けることが悪いことのはずがありません。

今回のコロナ禍でできた時間は、本当にある意味でラッキーなわけで、

まとまった時間でいろいろできるわけですよ。自分が普段できないことにあえて挑戦してみてください。

ちなみにまた一人の学生がやはり単語帳を1冊3周したとか、なかなか意味が解らないことを言いつつ、

英語を本気で覚えてきた学生もいます。本当にわかる人にはわかる領域です。

現役高校生でも与えた課題のペースを軽く超えてきた学生もおり、

受験生なんて若さで蹴散らしてしまえと思っておりますし、今後がものすごく楽しみです。

まだまだ5月もお休みが続きますので、引き続き奮闘してください!
cancan
Posted bycancan