FC2ブログ

悔しいと思うのなら、まだやれるってことです。

先日、ある学生が私のところにやってきました。

今年受験したのですが、残念ながら医学部に合格できなかった学生。

英語は正直よく頑張ってくれてスコアもよかったのですが、他の科目がなかなか厳しい学生。

正直合格する力があるので、私的には受かってほしいと思っていたのですが、

思い通りになるわけでもないんですよ。

ただ、頑張ってるから大丈夫とかってわけじゃないのが医学部受験です。

でも、泣きじゃくったんですよね。泣くってそんなに簡単にはできないんですよね。

何かを本気で頑張って結果が出ないと、涙は多分出ます。

私も実際に高校の時に、それまでの中で1番勉強したと思っていたので、

受験がうまくいかなかったときは、大泣きしたし、ものを投げて壊しました。

でもですね、受からないからにはほかの理由があるんですよ。

今の私なら自分が何であのとき現役で受かりきらなかったのか、よくわかりますもんね。

いやー、「勉強が足りなかった」、「覚えるものを覚えてなかった」、「整理しきれなかった」、

「長文読解をほとんどやってなかった」、「読むってことがわかってなかった」、

「当時友人がたくさんできて浮かれていた」、「頭がいいやつらと一緒にいて自分も錯覚した」、

「好きな女の子と接近できると思って、うつつ抜かした」

(大学後に巡り合えたならその未来教えてくれよって思ったww)……

「体調管理ダメだった…」……

まあ落ちた理由しか思い浮かばないんですよww落ちるべくして落ちたんですよ。

でも、それに気づいておらず、自分のマックスだと思って泣いているんですよ。

もしくは、マックスではないんですが、その瞬間はマックスだと思って泣くんですよ。


さあ、ここで一番やっちゃいけないことを先に言っておきますよ。

現実を言われるのが怖いから人目を避けて、

次、次!って何も考えずに切り替えちゃう人


はっきり言いますけど、時間数が増えて何も考えないで浪人したって、

それほど成績なんて上がりませんからね。浪人して受かる人なんて、

それなりに前に進んでいるが、ほんの少しのところで落ちた…その数点~20点ぐらいを取りに行こうぜ

っていう学生が初めて浪人して意味あるわけですよ。

もしくは、全然勉強していないのは事実だけど、高校謳歌したから、

割り切ってこの1年死ぬほどやれるだけやってみてそこから考えてみればいいって具合に

とにかく何かしらの自分の目的なりテーマがあって初めて浪人や現役受験生生活が始まるわけです。

なので、3月は講師なり教務の方なり、厳しいことをたくさん言われなさい!


自身では落ちた理由なんて多分わからないんですよ。

だって、大半の学生は自分のマックスだと信じてやっているはずですからね。

でも、他者から見たらマックスじゃないことって結構あるんですよ。

今年うまくいかなかったやつで、「これ以上改善するところってもうないぜ?」って思う学生は

本当に一人だけです。(これはマジで頭を抱えている。どうか、補欠が回ってきてくれ。泣きたくなるレベル。

多浪はきついよな。スコアが取れたって駄目だもん。)

生活改善からしていかなきゃいけない学生だったり、科目的に大幅に変えていかなきゃいけないとか、

何かしら改善点を挙げて、直しなさいっていうものを、私ならその1人以外は挙げられます。

(が、やはり怖いから聞けないって学生もいると思います、全員来るわけではないです)

そういう自分が敬意を払える人や信頼できる人にガンガン厳しことを言われて

それに耐えられるかどうかって、人間に必要なんですよね。人生変わることだってあるんですよ?それだけで。



その厳しく指摘されたものを受け止めて、改善できるかどうか??ってのをしっかり考えられるか、

自分にしっかり負荷をかけなきゃ自分自身は変わりません。

言われると悲しくなるんですけど、そこを受け止めないと自分は変われないんですよ。

私もそういうターニングポイントって結構ありました。

留学を決めたにもかかわらず英語の勉強が行き詰ったときに、テニスで遊びほうけていたら師匠に見られて、

ものすごく怒られてしまったり、自分の弱点を公開処刑されたこともありましたww

大学院では、自分の語学力の低さや文献を読み込む繊細さのなさとか、

とにかく指摘されて、修士論文も何とか書き抜きましたが、満足したものとは言えませんでした。

まあでも、事実は事実で受け止めなければならないわけです。


それから逃げているうちはダメダメ。うまくいかないです。

そう、厳しく叱咤激励があって初めてスタートラインに立てるんですよね。新しい扉への。

そして、そこで、「改善できるのか?」「本当にできるのか?」を考えてください

または、それを言われて「くそーーー、こいつの鼻をあかしてやる」と思えるか考えてください

私が大学院入試で成功したのは後者が理由です。(名大が通ってます)

1か月の準備で合格できたのは、自分の勉強における基礎体力があったのもありますが、

それ以上に「みてろよ、この野郎!」って叫べたからだと思っています。

そして、それを見ていた先生が「そうだそうだ!そうやって行かなきゃ人生変わんねーんだ!、

お前はとにかく成就しなければならないんだ」と背中を押してくれたからです。

(すごい師匠です、僕みたいな馬鹿野郎に「お前はもう東大か京大行くしかないからね」とかいうからね)


そう、改善の余地があったり、それ以上に改善してやろうじゃないか、

と奮起できないのであれば、その戦いは終了したと思っていいです
。それは高い確率で成就しないし、

仮に試験だから成就することもあると思うんですけど、その先が続かない可能性がある、のでね。


でも、どうしても何とかしたいって思うんだったら、最低1~2年はやったほうがいいです、

たとえそれをやって経済的に厳しいがギリギリになっても。

(ただ、ダメだった時の大部分の責任は最終的に自分になるから、よく考えて決断すること)

それをやり切った!って言えるまでやらなきゃ多分人生がつまらなくなるし、

制限された自由の中でしか人生を送れなくなります。あと、大きな決断の時に間違ったとうじうじすることも多いはず。

とにかく長い目で見て、「挑戦できなかった後悔」を引きずって生きている人できらきらしている人は

一人も知りませんね。結果的に失敗しても、自分のマックスがこれだったと思えるまでやれた人は

みんな素敵な人生を歩んでおります。(少なくとも医学部に行けなかったが連絡を取っている学生は

海外に行って研鑽を積んでいたり、人生謳歌していたり、金持ちイケメンと結婚したり、とにかくいい感じ)

ちなみに私も英語の勉強を最大限にやったのは大学院出た直後の1年ですが、

TOEFL110点以上を必ずとるんだって独学で勉強し続けていたのですが、

本気の本気でやりぬいてTOEFL108点がマックス。英検1級も2問ミスがマックス。

TOEICは勉強してないので何とも言えませんが、ノー勉で970点。

これだけやって満点取れないってことは、まあセンスがないんだなとww

いろいろ言い訳をくっつけて勉強できたかもしれませんが、

それよりも先に緊張の琴線が切れてしまいました。

そして、こんな語学力じゃ自分のやりたい研究はやれても、くってけねーってなって、

今はあまり得意ではないはずの英語を稼業にしちゃってますwww(勉強した分、ノウハウは持ってる)

だから、気持ちって大切ですよね、ほんとに。


というわけで、何かを新しくやろうと思っている人は

信頼できる人にとにかくコテンパンに言われてきてくださいwww

そして、それでもくそーーーって思えたら頑張ってください

シンプルですが、結構体験者たちは心を痛めるんですよ。

でも、成就している人には必ず苦労話があります。

悔しいと思えるなら、あんたはまだまだやれる。
cancan
Posted bycancan