FC2ブログ

大手予備校・医学部予備校の選び方 その5 ~医学部予備校は情報を持っている~

さて、医学部予備校と大手予備校の違いを言及しながら少し長めに話しておりますが、

この辺で最後かなと。今回は医学部受験は情報戦!ということを少々。

さて、先々週から医学部受験に関する質問等を承っておりますが、

正直なことを言うと、「学生さんや親御さんは仕方ないにしても、

その周りにいる講師や進路指導者でさえもいうほど情報をもっていない!」ということ。

医学部受験は毎年方向性が変わる場合も多く、

例えば、「1年だけ医学部受験を指導した」、「医学部予備校に1~2年所属したことがある」だけで

プロフィールを書いちゃっている人とかいますけど、あの世界の情報は網羅できませんからね。

(まれに独自の分析でまっとうな見解を持っている方もいますが、本当にまれ。)

問題内容を知っているだけで合格できるほど甘くないし、ボーダーを知らないとか、

出願方式を知らないっていうだけで、結構命とりで、それを知ったうえで学生を指導する道もあるわけですよ。

で、その情報をちゃんともっている医学部受験指導者って名古屋は本当に少ないのですが、

(自分よりまあ持っているだろうなって思う先生は、

ごめんなさい、医学部予備校関係者を除いたらそれほどいないかな。

大手の方でもざっくりレベルで、あるオープンキャンパスではある大手予備校に依頼しなかった話を聞き、

分析もおざなりだったわけですよ。まあ医学部受験、なめるなよってことです)

それ以前に医学部受験の最高位(東大理3とか名大医学部とか)まで指導できる人が

家庭教師界隈ではそもそも少なくて、お茶を濁すネット有名講師とか結構います。(いや、そのほぼ全員ですww)

そして、それは名古屋だけではなく東京大阪でもそういう状況なのかなと。

下手したらというか、高い確率で東京大阪の人はそれを逆手にとってあくどくやる方もいるんだろうなと。

というわけで、まず指導する人を探すうえでは、

その人に医学部受験指導の経験値が毎年あって、

情報がアップグレードされているかをみましょう。


そして、

どういう学生がどういう方法で合格を切り抜けたかをしっかりきいてみる
といいです。

それが単調だったりすると結構受験のことわかってねーなとなります。

「結局、医学部受験と言っても医学部ネタが出ないんですよね」

なんて紋切り型の内容を言っている人も

正直地雷なんですよ。
(例えば、金沢医科とか東邦はめちゃくちゃ医学ネタなんですよ。そういう学校もあるのよw)

あと、これは英語の講師や数学の講師に多いのですが、

自分の科目の話しか出せない人は結構やばいです。

私は英語科目指導だけで実はそれに近い部分があるのですが、

幸い困ったら数学の先生や化学の先生にご相談ができるので、そういう連係プレーを持っている方は多分大丈夫。

それよりも、とにかく自分の担当科目に集中、あとは知らない!的な盲目的指導は

かなり横行しているので、注意です。

受験生にとっては、

ない時間の中で全体を処理しなければなりませんので自分の科目だけを語る

自己中講師ではやはりうまくいきません。

医学部受験は連携がかなり大事ですので、そういうことがわかる先生についてください

そして、フリーで情報を持っている先生はかなりレアなので、心配な方は私に連絡ください。

全然タダで話しますから。(こういうと結構来るから怖いけど…)


じゃあ情報において安心できる医学部予備校や大手予備校はというと……、

これも正直な話、私立医学部に強い・弱いがあります。

例えば、大手予備校。大手予備校は何と言っても、全国模試のデータを持っています。

ですから、志望者のデータが全大学全学部おおむねわかりますし、

それがゆえに国立志望のセンター試験のボーダーに関してはかなり信頼できます

それを踏まえてしっかり対策する場をもっているので、そりゃ国立医学部を狙おうとなれば

大手予備校の方が情報としては信頼できるものが多い。

しかし、これは医学部受験指導の方々は気づいていると思いますが、

理科科目の全国模試と医学部受験の理科科目は若干ものが違い、

全国模試が、しかも記述系の模試ができていたとしても、

本番では全然できませんでした……


なんてことは多々あって、あてにならないことも否定できません。

(でも、医学部志望者が多くなっているから、この流れが少し変わるかも。今回の模試は注目)

なので、私立医学部を狙う方々は、もっと精密な指標が欲しいor経験談が必要になるため、

私立医学部の判断基準としては大手のデータはいまいちです。

あと、大手は結構出来上がった学生が1年頑張り合格ですパターンが多いので、

壊滅的なところからどう跳ね上がったか?という事例は少ないように思います。

医学部予備校の教務の多くは、大手の合格率をかなり「大したことない」とレッテルを張っております。

私も医学部受験に関してはそう思っています。いうほど受かってないし、

合格体験記を書いている学生の多くが、他と併塾しているパターンだらけです。


では、医学部予備校の情報はというと、医学部受験に関してはかなり持っております

やばい事例までもっているので、正直情報量では医学部受験予備校にはかなわないと思います。

あと、大学と密に連携をとっている予備校も多いし、メディカルラボさんに関しては

学生に馬鹿みたいにレビューを書かせているので、うわべの情報+αでは無敵だと思っています。

(しかし、勉強プロセスに関するノウハウは多分薄いですので、信頼できるプロ集団とは言えないね)

ただ、持っていないのに医学部予備校を名乗るところも少なくないですが、

そういうところを見抜くためには、その塾が持つ事例の有無をよく見てください。

あと、その塾だけで乗り切れたのかどうかを見てください。


あとは、私みたいに英語に特化しても、他の受験情報を持っている方ですね、

これを探してみてください。


医学部予備校はとにかく私立の合否の情報等、補欠の周り具合の勘が経験値から鋭く、

結構信頼しております。残念ながら指導生にしか言えない情報も多く、ここには挙げておりませんが、

有益な情報は結構あります。大手は私立医学部をかなり舐めて考えているので、

実績は正直微妙なはず。リアルな情報は医学部予備校の方が持ってますね。


参考になりましたら幸いです。
cancan
Posted bycancan