FC2ブログ

単語が読み方を変えてくれる+文法に潤いを与えてくれる

さて、この冬になってから大化けした学生が2名います。

高校2年生の男子学生ですが、正直今年の春には

「どうにもこうにもならん…医学部・早慶とかまず狙えないなぁ…」と思っていたのですが、

私のanticlimaxを見事に覆してくれた学生たちがいます。

本当に頑張った。本当によくやった!個人的には感動レベルです。

こういう風に褒めていると、「本当に突き抜けた学生ができたのかな?」と思うかもしれませんが、

正直まだまだちょっと改善したレベルで、文法はまだまだ私からしたら不十分なレベル。

もっともっと磨きをかけていかなければなりません。

でも、そういうことがいずれできるだろうという兆しって、見えることがあるんですよね。

そう、彼らには共通点があるのです。夏から冬にかけてあることに命懸けになってやったんです。

文法事項も疎かになっていい、でもこれだけはやっておけっていうこと。

そう、単語です。

1人の学生は市販の単語帳を1冊潰し、英検二級の単語帳を潰し、TEAPの難しい単語集を1冊潰しつつある状況。

もう1人も、市販の単語帳を1冊潰して、長文読解で出てくる英単語を辞書で引いて処理して、

単語カードで繰り返し繰り返し。(私と単語カードを創って、30分で30単語覚えろとか夏にやっていたww)

こういうことを夏以降も自発的にやってくれたおかげで、

冬の模試とTEAP試験で大きな結果を手に入れて帰ってきました。

どちらも英語はとても苦手だったが、見事偏差値65程度にはなって、

長文でも簡単な入試問題ならガンガン読み込めます。

文法が最低限入っている状態になった上で、単語を詰めに詰めて読み抜いて単語を覚え抜けば、

ある期間である程度のスピードでは読めるようになります。

そして、今一度文法事項に戻って、知識を詰め直して、解釈演習を続けたら

まあそれなりに化物になるよなって信じております。

今は彼らにはその最後の行程で悩んでもらっています。

そして、そうなって初めて大学受験勉強の入り口に立てるかなというところ。

でも、それがついに見えてきたのは本当に本当に嬉しい。


というわけで、文法事項をある程度知識として手に入れていても長文が読めない人は、

是非とも単語を覚えてみてください。

バカみたいに1冊完遂するぐらいの勢いで単語だけ2か月ぐらい丸暗記とかでもいい。

もしくは文法をかなり度外視してでもいいから、辞書を引きながら自分なりに英文読解を進めてみて。


それだけでもかなり得るものは多いです。


反対に高2で英単語を覚えきれなかった学生は

過去にもたくさんいますが、見事に高3の時に成績が伸び悩んでおります。

例外は本当にビビるぐらいありません。

学校のことが良くできている・文法書のことを理屈で覚えているor文法問題でなんとなく習得した

ってレベルで、単語は頭の中に乗せず、脆弱な形で習得した文法しかないのであれば、

まあ読めるレベルになるまでに時間がかかるでしょうね…


単語は1年で覚えられる!?単語帳は1年で終わる!??

そりゃー、単語帳としての意味ならば…ですね。

言葉は変わるんですよ、文脈や時代によって。

その変化を肌で感じられるレベルになっていなかったら覚えているうちに入りません。

暗記コンテストとか円周率を延々というテストではありません、単語を覚えるというのはね…。


今日は高2へのメッセージにってしまいましたかね。

高2の皆様、もし私のブログを見て下さっていたら、

こんなブログを読み込むのではなく、単語帳を開いて紙とペンと辞書をもって、

血眼になって英単語を覚えてください。そして、死ぬほど英文に触れてください。


英語で勝ち抜くためには英単語が必要不可欠です!


先に紹介した2人のような根性と向上を見せてください!
cancan
Posted bycancan