FC2ブログ

記述解答が苦手な人のための医学部英語試験ガイドww vol.2

さて、記述解答が苦手な学生が医学部に入るためには、

正直申し上げて戦略が少し必要になります。その続きを少々。

前回の物は4校挙げましたが、それよりはさすがに何かしらのリスクがあるのであしからず。


5. 獨協医科

獨協医科の英文読解と文法問題はそれほど難易度的には高くないので

文法ができれば高得点が狙えるし、地方の学生が受けないのでそこそこ穴場にも見える。

またセンター利用もしやすくボーダーもそれほど医学部受験にしては高くない。

でも、ここは募集人数がそもそも低いので補欠が回ってくるかどうかは謎で、

あまり受けさせたくないと言うのが本音。



6. 東海大学医学部

東海大学医学の問題は最初の長文が標準的or少し長いだけで

あとはセンター試験みたいな問題が散りばめられており、それほど難易度が高くないです。

最後に英作文と和訳がありますが、それでもマーク形式で点数がとれる実力があれば

しっかり解答ができるレベルなのでそれほど難易度が高くないし、とっつきやすい。

でも、ここは最低80%、正規を狙うのであれば90%っていう勢いでやるべきです。



7. 東北医科薬科

ここの英語は長文2本が医学ネタで2本目の英文が1000ワードクラスでなかなか大変にみえますが、

問題はそれほど捻ったものは少なく、英語をそれなりに理解できれば難しくないです。

偏差値65ぐらいを維持している学生にとってはそれほど難易度を感じないでしょう。

文法問題もそれほど難しくないので、英語が苦手な学生はねらい目です。

ただ、ここも募集自体はそれほど多くないのとかなり辺鄙なところなので

大手を振って勧めることができないのが本音。あと、前回あげた学校よりは難しい。


8. 久留米大学医学部

久留米大学の問題は和訳と英訳もあり、単語を問う問題も少し難易度が高いのですが、

90分の時間制限のなかで考えればじっくり読めるので

偏差値65をキープしていて、単語を覚えて臨めば何とかなるレベル。高得点も期待できる。

しかし、基礎レベルとは言えないし、慣れが必要なので簡単とは言えなくなってきます。


というわけで、この辺の問題を少し見てみてください。

cancan
Posted bycancan