FC2ブログ

中学受験の学生は、中高生時点で自立した学習を知って受験に勝て!

先日、私の師匠から金言をいただいたわけですが、

小学校の時は、特に親になったら、『勉強しろ』ってやらせたり、子供に教えたりするよりは、

『一緒に勉強しよう』というスタンスでやった方が伸びるね。

あとは、親と同じ空間でお互い違うことをやっていることに子供が慣れてくると、

勉強が自発的にできるようになるんだよね。その自立が早い段階でほしい



さすが師匠だなというところだったのと、自分が思い描いていた状況とまったく一緒だったので

非常に安心しました。

名古屋に来て10年となりましたが、私が未だに変えることがない印象は

とにかく家庭教師慣れしている・塾慣れしすぎている学生ばかりで、

中には復習のために先生を2~3名つけている家庭も正直少なくない
。ということ。

各教科別々の先生で6~7人体制でガンガンやっている学生も

私立中高なら1割ぐらいは軽くいそうですよね。

まあ勉強するという意味ではこれほどいい環境はないと思います。羨ましいほどです。

ただ……

私も小学校からそういう生活をしている学生さんを指導したことがありますが、

残念ながら中学生のある部分で変われずに、進学校へ行っても埋没してしまうことがあるわけです。

非常に残念なことなのです。では、そのある部分とは何か?

そう、自立性です。

塾にまみれて生きてしまうと、自分で勉強をしようってならず、

塾に教材を与えられなきゃできなくなってしまう体になってしまうんですよね。

中学受験への深い言及は避けますが、中学受験で進学校に入った学生をみていて思うこと…。

入った後に全然やらない強化に関しては定着どころか、断片的にも知識が入っていない場合が多く、

酷い場合には「イタリアの首都をロンドン」と言ってしまうほどの常識知らずなほどな学生も

過去にはおりましたが、

システムに癒着していなかったらどうにもこうにも知識が残らないこと

これは正直目に余ります。

そして、厄介なのは、それが勉強である、

つまり「ある期間までに知識を詰めきって乗り切ればいい」ことが勉強である…

と錯覚してしまい、その勉強法や精神だと中高のある時点で(特に高校)必ず詰むこと
です。

講師がいるところでしかやれない、テスト前にしか勉強がやれない、

人が目標をつくってくれないと勉強がやれない…となってしまうと、

中学・高校受験ならまだ何とかなるでしょうが、

大学受験みたいに範囲があってないような世界では範囲のリミットも予測できなければ、

人にタガをつけてもらわなきゃ動けないなんて、

もう知識をいじくる学問の世界では何もできないでしょうね。

大学での学問の手前の時点で、その影響は計り知れないほどのものになると思います。

一応大学受験でさえも国立なら5教科7科目、私立医学部でも4科目を無双するレベルにしなきゃですから、

さらに学校の授業等で自由を圧迫される以上、

講師などの誰かに与えられる頻繁な指示におんぶにだっこすぎては、やはり限界があります。

講師はもちろん指示をしてくれますが、旧帝や国立医学部に行く学生の多くは

講師が考慮する範疇の先を見て、自分で転ばぬ先の杖を立てまくってるか、自発的に復習してます。


自分で復習できないと言う人は、特に注意してください。

というか、その状況はヤバいので中学生でできない人は仕方がない部分がありますが、

高校でそれができないと大きく出遅れるので身の周りにいる講師さんとともに考えてみてください。

私はそういうことを身につけるために、授業中に説明を終えて、そのあとにあえて問題を少し多めに解く時間を設け、

一瞬私から解放される時間を創ります。

(中学受験のべったりタイプに慣れている人は、これを怠慢と捉え、理解できない人も中に入る。

習慣をつくるためには放任も実は必要だと思っている。それがわからないと、

物凄い財を無駄な授業につぎ込むことになり不経済なのです。週1の授業でケリがついている学生は

みんなこの自立を身につけているわけです。)


とまあ書きましたが、まずなによりも勉強はしたいからやるわけで、

受験的に勉強しているのはやはり不自然なんですよ。

そういうことから外れるために、早い段階で自立を手にしてほしいなと思います。

cancan
Posted bycancan