FC2ブログ

【医学部受験での盲点④】読解演習と文法演習の最適期

さて、最近ずっと書いておりますが、

今までの内容をざっくりまとめて言うと、

「高2の夏から冬ぐらいまでに

英語の語彙強化まで終わっていれば、

あとはぶっちゃけてどうにでもなります…」


ってことだったのですが、もちろん勉強をしなくていいではないのです。

英単語の強化や文法的な内容の習得、解釈系の練習をしまくったところで

全然読めるようになったわけではありません。

やはり実践的な読みは必要でして、分量をこなしていかなければなりません。

ここまで、英文読解の内容をあまり言及していなかったわけですが、

高1~高2になると、学校のテストや宿題等で英文が読まされてくるわけで

それをどうするべきかっていう問題が上位層では浮上してきます。

名古屋だと、東海や南女、そして滝生の上位はある程度基礎文法事項は定着していたり、

経験値は豊富なのでそれなりの問題は解けております。

しかし、こういう名古屋の進学校で残念なのは、

目立って英語ができる学生が言うほど多くないということ。

まあ文法の習得がぬるい学生だらけっていうのが正直なところで、

今挙げた学校の次の学校であろう愛知淑徳の英語力というと、正直「え、進学校か??」という感じです。

本当に上位層であっても高3の記述模試で偏差値70を超える学生が本当にトップ10ぐらい…

文法の時点で習得がうまくいっていないことと相まって、そのせいで読解に入り込むことが遅れて、

十分な読解練習ができないんですよね。また、上位進学校では読解問題の課題を出してはいますが、

文法的な定着が不十分であるにもかかわらず

バカみたいに読解問題を解かせまくったり、解説不十分だったり、英文を無意味に覚えさせたりするために、

無駄なことをたくさんして「消化すること」に先生方が切磋琢磨(いや劣化だな…)しているところです。

無論、しっかり私の指導についてきて適度な復習ができている学生は、

そんな無謀な宿題でもこなせてしまう学生が多いのですが、それでも世界標準では読み足りない…。

物凄く読みまくってもらいたいので、早く出来上がった学生にはガンガン読ませています。

読解を本気で始める理想は、高2の秋から冬!!

ただ、これができる人って相当学習がうまくいっている人でして、

この領域に至るのは多分講師も横に必要だし、長文のストックもガチで持ってなきゃですし、

なんといっても一人で読み進める推進力・集中力が必要です



でも、読解は嫌でも高3の時点では始められるかな??ぐらいになっていないと

医学部に現役合格とかありえませんし、早く読むだけに特化する状況になる必要はあります。

そして、何よりも来年からはリスニングを本格的にスコアにしていかなきゃいけないわけで、

前倒ししてリスニング学習のための時間を設けるのか、

もしくは普段からリスニングの学習を行っていくのか、戦略が分かれるところだと思います。

私はちなみにある程度読解の基礎と文法の基礎ができてから、シャワーのごとく聞きまくって

最終的には同時進行できる!ってのを目標に学生には指導しています。


というわけで、今まで書いてきた理想的な話は、

多分理想ではなく現実的にこれに近いぐらいになっていないともうダメなんじゃないのか?

位に思っています。

正直、医学部受験や最上位層をガチで目指している方、甘い話を耳にしますが

マジで甘いっす

名古屋地区は英語に関しては特に甘い人が多いです。

東京の上位層はもっと英語ができると思っていいです。(底辺層の闇もすごそうだけど)

まあ盲点というか、節目で落ちぶれることがあるポイントを紹介していきました。

よかったら参考にしてください。



そして、ここからは少し宣伝。

おそらく再来年、大幅に席が空きます。今まで居座っていた学生たちが

最盛期とともに受験を迎え、過去トップクラスに鍛えた学生が勝負に行きます。

そして、また同時に0スタートからたくさんの学生を創る日がやってくるかなと思っております。

現在中2生が本当に奮闘してくれていますので、まだまだ安泰なのですが、

やはり今後ももう少しだけ奮闘していける根性ある・向上心が高い学生を集めていきたいです。

本気で頂点を目指したい方、数学や化学や物理の先生も少しずつ声をかけていって、

本当に信頼できる先生と悩みながら、そして容赦ない反面、ゆるーくやっていきたいと思っています。

もしご興味がある方は、特に今後中学生になる予定の方や

学校のことを捨ててでも自分の今のレベルを越えていきたいと思う方、本気でお待ちしています。

やる気がない口だけの人はあまり好みませんが、

本気で死ぬ気でやる学生は大好きですし、平気で依怙贔屓しますww

(「ちゃんとやる学生ならば全員依怙贔屓」論を提唱しております。)

要求もそれなりに厳しいかもですが、頑張る学生には成績をあげるためのアドバイスと戦略は

惜しみなく提供していきます。私も少し歳をとりまして、おっさん化が激化しておりますが、

まだまだやれます。そして、頑張る学生をみていると元気になって、おっさん化がslowになります。

来年は中1のクラス指導も少し考えているので、よかったらどうぞ。

(すぐ個別出来ないかもですが、予定があえば是非)
cancan
Posted bycancan