FC2ブログ

藤田の一般入試に関する使える情報です。今年受かろうぜ、マジで。

私、一応藤田専門で頑張っている者なので、医学部のお得な情報を少々。

藤田保健衛生大学の開示の話をしようと思います。


ここから先は一昨年ちゃんとわかった基礎情報ですので参考にしながら読んでください。

----------------------------------------------------------------------------

一昨年の藤田の開示をみてわかったことがあります。

マークシート方式の足切ラインが明確になりました。

英語は80点満点中40点
(マーク+記述で200点)
数学は100点満点中30点
(マーク+記述で200点)

これを下回ると本当に採点してもらえていませんでした。一科目でもです…。

でも私が去年思っていた基準とは全然違ったので、

(私はめちゃくちゃ高いと思っていました…

あのレベルでなら6割はと言っていたので、去年の学生たちごめんね。

でも、満点取れたでしょ??っていう感じだったよね)

英語は実は納得できるボーダーラインですよね。

そして、トータルの科目の1次合格点は600点満点で303点

なんと半分でいいのです!!!

理科2科目はそれほどスコアをみんなとっていたので、

70%揃えられれば、英語と数学で50%以上獲れていれば、

合格点には乗るという状況です。

ただ、成績開示した学生の結果で共通していたことは

数学の記述(論述)形式の問題でほぼ点数が獲れていなかったこと…。

どうやら数学の先生的にも相当難しかったようです。

なので、実は数学では大きく差がつかなかったように思います。

ということはですよ……

藤田の合否を大きく分けたのは、

英語ができたかできなかったか

決まった(来年決まる)と思ってください。

決め手はマークで80%を越えて、記述形式で70%ぐらい取れていれば、

多分余裕の合格点~補欠繰上りというところまで行けたんだと思います。

(合格した人のスコアが開示できないので、正確なことはわかりませんが、

数学がダメだった…と言っていた学生でも正規を獲ってきた学生がいて、

英語で挽回したor理科が安定していたというのが多分あります。)

特に英語の和訳系・説明系の問題は合格した学生の多くはできたのでしょうね。

よって、合格するのはやはり国立医学部崩れたちで、

俄かな英語力では受からないようになっています。

まあ英語の最低点を取って、数学で一本背負い勝ちというパターンも

少ないながらもいたのでしょうが(それができたら多分余裕の合格です)、

戦略的には現実的ではない数学のレベルなんだと思います。

ただ1次合格が半分というのは意外でした…。

私が去年藤田を受験した学生たちの中で、

多くがトータルで60%はあると豪語していて、

その見立ての多くが間違ってなかったということもわかりました。

数学が…って言って、他が獲れていた学生が落ちたのも、

本当に数学ができていなかったのでしょうね……(英語かもですが…)

まだ7件ぐらいの結果を見ただけなので(予備校の状況も含め

昨年ダメだった新規の学生の結果を参考にしています)、

ちゃんとしたことは完璧に言えませんが、

参考程度にしていただけたらと思います。

------------------------------------------------------------------

昨年はこれを参考にやっており、頑張ったわけですが、

結果は8戦7勝です(補欠合格繰上りを含む。正規は4です)。

数学が強い学生がいたのもありますが、

英語で足を引っ張らないように記述で全力で取りに行って功を奏しました。

英語が苦手な学生でさえも、正規1勝しており、開示できないのでわからんのですが、

たぶん合格者平均の55%は確実に超えているのだと思います。

で、昨年も数学でこけた…という学生は数名いたのですが、

正規ではとれずとも補欠で獲れています。(うち1名は蹴って浜松医科です。)

数学でこけても英語でちゃんととれていれば差がなかったのかなという感触です。

(もちろん理科はある程度できる前提です)

あとは、昨年のデータでは、英語がぶっちぎると数学が基準点越えたぐらいだとしても、

合格するパターンがあるのだないうのが2件ほどありました。

(うち一件は藤田の後期で好成績合格した学生で、添削しておりわかりました。)

数学でぶっちぎれればなおよいのですが、英語で力技が使えれば合格はあります。

英語強者たちよ、藤田は一つの答えかもしれませんので、本当に頑張って下さい。



引き続き来年藤田の学生を量産できるように頑張っていきたいと思います。

対策やりたい人は本当に遠慮なくどうぞ。ご連絡ください!(ちゃっかり宣伝w)

なかなかレアな情報、ここで出さない情報も多々あります。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan