FC2ブログ

難しい問題に触れない人は実力が上がらない

一昨日は進研マークだったわけですが、少々難しかったようで、

結果がいい人と悪い人が大きく差が出たようです。

1人自己採点で満点が出たようで、今年初200点ですかね、

なんとかやっていることがプラスになっていることを証明してくれましたかね。

安心しました。

その一方で、大幅にスコアを落としてしまった学生も多く残念でした。

文法は簡単だったので、文法で落とした人は正直まだまだ勉強不足or落ち着かなすぎで、

もっとポイント練習をするべきです。曖昧すぎます。

そうはいっても、「そんなもんかな」とも思う反面、

「もう受験だからね……」って思うこともあり複雑。うーむ、頑張ってもらうしかありません。


この時期になると、基礎的な知識をしっていることは前提条件で、

その基礎事項を極める勉強に移り変わっていかなければなりません。

正直申し上げて、最近の問題集事情を見ると、

「英語ができない人が多いから、これぐらい(比較的簡単)の問題集からやるといいよ」

的な問題集が多く、英語が読めるようになるものというよりも、

英語が読めるような「気になった」ものが多い


Twitter上でも、問題集を出版した人々が「これはいい」、「あれはすごい」と

お互いをもてはやしているだけで、基礎的なものを!という強調が過ぎて

学生達も「これをやれば(これ以外やらなくても)大丈夫!」と錯覚してしまう
ようにも思います。

でも、そんなことはないのです。基礎的なものができるようになってからがむしろ勝負。

レベルが低すぎる言論が飛び交っているだけで、現実はもっと違うところにあります。

「できるようになってから難しいものを解けばいい」では、いつまでも難解な文を読むことはできないし、

「できるようになった」という時期なんてそう簡単に来ません


「できるようになった」という時期は自分のテンションや気持ちに影響するわけで、

ましてや客観的な目線で「先生から言われたら」なんて待っていたら日が暮れてしまいます

(本番が終わってしまいます)。

自分の実力がわからないからこそ、難しい問題で力試しを常にして自分の実力を確認する

だから、開成や東海の上位学生はなどは古臭い問題集を引っ張り出して、

問題集を解きまくったり、ニュース系のHPを読み漁っていたりするわけです。

「難しいから…」と敬遠しているようでは、できるようになりません。辞書を引いて

「必ず読み抜いてやる!!」みたいな根性論的な部分がなければ、

英語なんて読めるようになりませんので、果敢に攻めてください。

そう、

難しい問題に触れない人は実力が上がらないのです!!
cancan
Posted bycancan