FC2ブログ

受験生にとっての9月は最後の振り返り期間。

さて、9月も中盤に差し掛かりまして、刻々と受験生を苦しめております。

9月の受験生にとっての英語学習はどういう道をたどるべきかというと、

まずは、

夏休みにちゃんと知識を蓄積したか?という確認
ですよね。

夏休みは大いに勉強したなと実感している学生は多々いるでしょう。

その経験値はきっと学生にとってはプラスとなります。

でも、そういう実感だけではダメで、結果が伴わなければ「やった!」と認めてはいけません。

「やった!」と本当に思えるかどうかは、9月にしっかり確認事項を怠らないこと、

そして、模試でちゃんと結果を出せているかというのも大きな指標となりますので、

ガチで戦いに行ってください!!

さて、9月は、死ぬほど勉強する前段階において

復習することや確認事項をやれる最後の期間なのですが、

この機を逃すと、多分結構ぐちゃぐちゃに終わるか、

単語を詰め切っても「あれ?意外に伸びなかった…」と

受験終了時or受験期に思うことがあるでしょう。

そういう落胆を得ないためにも、まずは少し難易度高めのもので実力を測り、

ダメだったところを徹底的に潰す。

単語なら1日●●コ覚えるとかという感じで少しきつめに目標設定する、

文法なら単元別にダメなのか、形式的に(4択問題や並び替え等)ダメなのか、

応用がダメなのか、それとも英作文が書けないのか?色々な部分から攻めていくように設定、

長文読解なら1日簡単なものから3~5本読むとか、

とにかく基礎的なものを確認しつつ量をこなして

「できるようにする」努力をしなければなりません。

私の指導生も基本的には9月はガンガン問題も解きますが、

英作文や並び替え問題を使って文法の基礎事項の確認をしております。

(これがまた書けない…と自覚させてから、テキストの反復と問題集を解きまくる)



そして、10月~11月の模試は本気の模試だらけですし、学校名がついた模試も

本番さながらなものだし、受けに来る学生も本気で、最上位校の学生達も顔を見せに来るでしょう。

さらにはセンター試験の調節もあったり、推薦入試も併願する学生もいるでしょう。

とにかく盛りだくさんの中で受験シーズンが始まるわけですが、

そのビッグウェーブを乗り切るために英語の基礎事項をやらなきゃいけないのですよ。

騙されたと思って、是非とも英語に自信がない人は10月の前に

応用問題を使った後での基礎を確認する9月にしてみてください。
cancan
Posted bycancan