FC2ブログ

ListeningとSpeakingを考慮した場合に、できないと弱点が際立つ力って何か。

さて、昨日はSpeakingとListeningからは逃げられないという話を

ごちゃごちゃまとまりもなく書いたのですが、

実はただこの技能の習得が難しいということが問題ではないのです。

もちろんそこをどうするか問題は浮上するわけですが、

正直な話、それなりの国立大学に入れるレベルに覚えることができれば、

別に大きな問題ではないんですよ、練習の仕方と配分だけ間違えなければ、

あとは時間的余裕がある程度あれば実はなんとかなるのです。

(具体的な方法はすみません、まだまだ成功例を出しまくったわけではないし、

これは私の指導による他者との差異となるのでそう簡単には教えられないっす。

今教えている人たちがうまくいってほしいので有料。)


ListeningとSpeakingがテストに入るということで表面化する真の問題は、

実は暗記力の有無です。

正直申し上げて、中学受験のような出る問題がおおむねわかっているレベルの反復を死ぬほどしまくったり、

覚えることよりも思考力つけると言って細部の見落としを失くすような訓練ばかりして、

中学校に入って長期記憶として定着させるような勉強をしなかったor

中学校でそういう修正をしてこなかった場合、

結局記憶力は人よりも優れた記憶力をもっていると思わない方がいいです。

多分中学受験でものすごく詰められてうまくいった学生って結構いると思いますが、

大学受験ではそれで賄えないことが多いし、真の実力がなかった…と幻滅するパターンも

過去に結構見てきました。どんなに優秀でも鍛え方を間違えれば後々命取りになります。

その記憶する力をとにかく鍛えなければ、英語では取り残されます。

名古屋圏の学生ですと、数理がとても強く、国社が弱めというパターンを結構見ます。

まあ東海生だと国語も強かったりするのですが、

実は社会が極端に弱いってぐあいで「流れはわかるが、細部の内容がわからない」みたいな学生は

結構隠れて存在しているなと思っています。

(化学の覚える部分が弱い学生も上位であっても結構いますものね。)


今までいろいろなところで「暗記はしなくていい」、「理屈から分かれば必ず答えは導き出せる」とか

言われていましたが、それは日本の平和ボケによって頭脳が汚染されていると思っていいです。

それはもちろんそうですし、大切なことなのですが、最近の勉強に関する論調はそこを強調しすぎ。

もしくは本当に優秀な方々のたわごとだと思っていいです。

(いや、優秀な人たちがそういうのは

「勉強することと覚えることは同時に連動するからいうほど真剣にやってないんだよ」

って感じなんだと思うんだけど、やってもやっても覚えられないって人もいるんだぜ。俺含めてね。)

アメリカ人の上位層やイギリスの上位層、スイスの上位層の話をよく学生や

親御様から耳にするのですが、

覚えていないとダメってよりは、

「覚えていなければ授業で落第する」ってくらい厳しくて中身がある授業をしているから

嫌でも覚えるんですよね。(あと発表とかするから印象に残るし。)

だから、覚えてなくてもなんとかなっている日本のシステムがもうぬるいだけで、

世界のインテリたちはいやーびっくりするぐらい世界のことをよく知っているし、

理論的に説明できているなと常々議論している時には思うわけで、

別に勉強をしていないってわけじゃないんですよ。

(たまに「アメリカは大学に入る際は簡単だが出るのが大変」とかいわれますが、

それは例えばIVYとかオックスブリッジに入る人がとびっきり優秀だったりするからそう見えないだけで、

入ろうとしている人たちの教育費を聞いたら腰抜かす人もいっぱいいるでしょう。

私立医学部なんて可愛いですよ、

ホントに。あの世界は優秀であり、今やお金もないといけないのです…)


すみません、少し脱線しましたが、とにかく記憶しようと思わずして、

今後の英語の勉強を乗り切ろうっていう気でいたら、

例えば「対策的に乗り越えればいいや、予備校の授業を受けよう」ぐらいの気持ちでいたら

多分今まで以上に詰みます。

(ただそういう状況になった場合、学生だけを責められない。

日本の教育システムを責めるのは十分に妥当だと言えよう。)

なので、丸暗記はナンセンスとか言っていないで、理屈がすっと入らないからダメだって

我儘を言わずに「とにかく覚えまくるぞ」っていう意識と方法をしっかり模索してください。

「そういう人はどの時代でも勝利を得てきた」ことを歴史が物語っています。

南方熊楠も世間一般では学校もろくに出ていないくそ野郎に見えた帰来もありますが、

最終的には伝説の博物学者・細菌学者として名をあげつつ、

書写して丸暗記至上主義というスタイルを貫いた鬼才。

社会的には微妙に見られがちですが、実績と実力しかないとか美しくないですか。

(熊楠をよく話に出しますが、実は憧れている人物像の1人なので…)

そして、ある程度スピードをもって覚えられないのであれば、

他の科目に影響するし、とにかく受験においてはいいことが1つもありません。

覚えることに苦労しているインテリ学生は我が軍にも結構いるので、

思考回路を変える試みを引き続きしております。

語彙を覚えて、

物事を説明できるようにしましょうね!
cancan
Posted bycancan