FC2ブログ

持っている知識量と運用力は別物(=対策的演習は必要なことは多い)

どんなに実力がある学生、それが英検準1級が中学生のうちに獲れてしまっているとか、

高校1年生の時点で東大の問題が半分以上解けるとか、

受験を迎える前に英単語を7000~8000語は軽くあるとか、

そういう無双気味な学生であったとしても、

私的にはそこまで練習しなくてもある程度はなんとかなるって軽視していた部分があります。

実際に、何とかなってきた部分もあったので気にしてこなかったし、

むしろそういうtest-likeな勉強の仕方をしすぎるのもよくないな……

って思い、最後の方にしか対策的なことはあまりしなかった……というのが本音の本音…。

正直申し上げて、センター試験の問題なんてみんな悩まず解けてくれ……

ぐらいに思っていたので、対策という対策はほとんどしていませんし、

苦手な学生には問題を解かせまくっていたのが本音です。

でも、それでもセンターで毎年教え子の平均はおおむね90%を越えるわけですが、

今年は少し「対策」っていう感じで授業をガンガンやってみたわけです……。

すると、いやー、ホントにビックリするほどスコアが出まして…(センターマークは笑った…)

色々な学生に今年は対策的に解き方や戦略を緻密に話していったら

それがウケて、実際の模試でも「全然スムーズにやれて安心できた…」という声をたくさんもらいました。

多分手応えとしては過去最高レベル。今週末の高2模試は正直少し楽しみです。


でも、今回この1ヶ月でものすごく「対策」の意義を知ったような気がします。

「対策」なんて負けがやること、実力が本当に備わっているのであれば準備しなくてもできる!!

とずっと豪語していたわけですが、

今年はそこそこ優秀な学生が結構躓いて、

知識があるのに運用がうまくできない……という話を聞き、

物凄く戦略的にやっていったら、いつもの力をしっかり発揮できた!!と言ってくれて、

当然なんですが、

「持っている知識量と運用力は別物だな」

ということを実感しました。

ここ最近、中2~高1の指導が多かった+基礎をじっくりそろえてぶっちぎりの学生指導ばかりで、

「基礎事項から運用力へ」という転換期の授業が疎かになっていたなと。

基礎事項の徹底と、難問を解く抜けばいい…と極端な方へ走りすぎていましたね。

また、橋渡し的な授業をもっと効率的にできないか、納得がいく授業にならないか??

と模索して、読み方の授業や字数制限で枠を絞って英文読解ものを膨大に作ったり、

大学別で特徴をすべて説明し、それに準じた問題をすべてカスタマイズして学生にあげたのですが、

それでも納得いかないからどうしよう…って袋小路にふさがっていたわけですが、

まさかの目からうろこ。みんながやってる対策的なことを

私なりにすべて書き出してしまえorノート化しちゃえってしmちゃいました…。

(ドーピング上等!今回は講師としてはあるまじき行為だが、パターン化を全力で使え!)

ってなってしまいましたが、そこから得られることもあるんですね…。

そう、パターン練習をした後のちょっと難易度高めの問題で更なる反復予測演習の利点は、

「やったことが出た!!」という自信を得るということ

+自分は間違ってなかったという肯定感を得られるということ。


ここ二週間ぐらいは、ある程度ぼんやりの対策話というよりも、

かなりガチで「この問題はこうできあがっているから、こう解くと答えが出てくる」

(センターマーク前はこれをやっただけで、第3問で完答者が95%だったかな。)

と話して、みんなで実演しているだけなんですけど、なかなか面白い。

TOEICもきっとこんな感じで点数を獲る練習をしているんだろうな…と

色々自分なりにですが垣間見れた気がしました。



でも、これは学生のレベルを1つあげるための策にすぎず、

やはりずっと対策的な勉強はさせられません…。

形式的なものって、一度大きく変えられると手も足も出なくなりますからね…

そして、それがベースで作られた人の力って、英語だけでなく何でもそうなんですが、

俄かなものなんですよね……

毎回緊張したり、テスト形式や見たことがないものが出てきた瞬間に

手も足も出ないでダメになっちゃった…思っていた以上の結果が出なかった…なんて

よくあるわけですが、その結果がダメだった以上に、そのあとににじみ出る

「今までの勉強がダメだった…」とか「今知識内が何も残っていない」という虚無感が

本当に怖く、最悪の場合、その感情が勉強すら「もういいや」ってなっちゃうんですよね。


あとはここまでやって、学生の実力をつけてあげるのは

「教育なのか???」(予備校講師がおこがましいかもですが、

それでもこの稼業をやっている以上、後々の生徒の人生に何か残したいというのはあるんです)

って思い、それを猿まねの極みで問題を解きまくって、「合格」を手に入れても、

その先では何の意味もないのであれば、教育の失敗だよな…

下手すりゃ、指導が適当でもそれなりに人生うまくいってりゃいいや的な人と一緒になるかもだし…

なんて柄にもないことを考えたりはして、やはり

形式演習で押し切る指導は気が進みませんね…。

cancan
Posted bycancan