FC2ブログ

記憶力の低下か?

私はiPod shuffleの愛用者なのですが、

よく音楽を容量マックスまでいれて、それを聴きながら移動しています。

しかし、若者たちと話す機会があり、愛用機器の話になってわかったことですが、

私が思っているよりもshuffleの愛用者はいないようで、

がっかりしました。

「なんでやねん?」と思って、それを聞いてみると、

意外な答えが…。

「えーshuffleは画面がないから、音楽わからないじゃん」

私はこれを聞いたとき、「えー、みんなそんなに音楽を常備しているのか?」と思い、

聞いてみると、

「いや、そんなことない。CD10枚分ぐらい。」

という、意外に少ないじゃないかという答えが返ってきて、ちょっと拍子抜け。

10枚ぐらいなら、各CDの曲数は覚えているだろうから、

だいたいわかりそうなものだろうと思っていたのですが、

どうやらそうでもないらしいです。

私はshuffleの中に入っている音楽は

全部どの順番にはいっているかわかるので、

みんなもそうなのかと思って生きていたのですが、そうではなかったのです…。


んー、正直この話を聞いて、

「いやいやその若者が記憶力に乏しいだけだろ」

とツッコミを入れたいと思う人も多いと思います。

(おそらく私もその一人です。)

んー、しかし、今の人々は「目に見える」、「わかりやすい」という利便性に

身を任せている部分が大きく、

覚えるという習慣が日常生活になくなってきたのかなと

感じざるを得なくなりました。


ゲームが得意な生徒にしても同じような傾向があります。

「途中でセーブができないゲームはくそゲー(ダメなゲーム)だ!」

という発言を耳にして、

えー「スーパーマリオブラザーズ」をコケにしたのを覚えていますが、

やはり、これも自分で記憶できないということからくる言葉のように思います。

「ここまでできたんだから、もう以前までのプロセスなんてどうでもいいから」

というように、以前とのつながりを切断してしまうようです。

もちろん、そのゲームを全クリ(全面クリア)してしまうと、

そのゲームの記憶さえなくなってしまうのでしょう。(やりこめば別ね。)

こういった頭で記憶する習慣のない生活をしていれば、

いきなり記憶してみようと思っても、苦痛ですよね。

英単語の記憶なんて気が遠くなる作業のように思います。

ゲームで言えば、「ストリートファイター」や「鉄拳」といった格闘ゲームが得意な人は、

必殺技のコマンドが体で覚えていないと勝てないので、

英単語や社会科などの用語を覚えるのは得意になるかもしれません。

今や、身体に記憶する習慣がなくなり、

「勘」が鈍くなった人が多く見受けられます。



今の社会と一緒で利便性を求めるよりも、

いっそ社会も人間も退歩するのはどうだろうかと

よくわからない思索をする十五夜です。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply