FC2ブログ

医学部受験は攻めた勉強をしなきゃダメです。

さて、昨日はOpen Campasで医学部受験の話をしていたのですが、

沢山の人が来ておりまして、どうもありがとうございました。

本当に熱心な方が多く、少しサービス的な話をしてしまいました。


特に医学部受験において、「ここ押さえれば大丈夫」とか、

「この点でスコアがちゃんと取れていれば合格できる」なんて決まり文句は

よく巷で聞きますが、半分嘘だと思っていいです。

実際に藤田医科でも英語のテストではマークと記述があり、

マーク形式のスコアには基準点があるわけですが、それをしっかりとっても、

記述が0点に近いわけです。あっても申し訳程度の10点とかで、

正規合格には至らないんですよね……。

だから、昨日はマーク形式の勉強法よりも、記述形式でもっと攻めなさいということを

しっかり伝えてきました。

医学部受験の受験生や親御様って、

「医学部は大変だから何とかギリギリでもいいので…」ってよく言うわけですが、

ギリギリを狙っていては多分箸にも棒にもかかりません。

赤本に載っている合格最低点を目指して「ここはダメだったら捨てる」、

「あの問題は出ないから取れるスコアを!」とか言うんですけど、

それで本当にダメな問題・出ないと言われていた問題が出ると詰むんですよ。

他の所でスコアにすればいいとかいって頑張っても、

医学部受験をする人たちはそれなりの上位層でも中堅どころや下位層の医学部でも

受験してくるわけで、無条件で振るいをかけられて落とされるわけです


全部とりあえず標準的に実力をつけました!⇒ここからがはじまりぐらいに思っていないと、

多分医学部受験を乗り越えることはできません。

だからこそ、無難な問題をとりこぼさなければOKなんて、無責任すぎる言葉は言えません。

英語だったら記述事項までしっかりできるようにするとか、

読みづらい英文を読みまくるとか、とにかく練習や研鑽をつまなければなりません。

医学部人気がおさまってきたと言っても、まだまだ激戦は続きます。

それなりに勉強していない人が、それと申し訳ないが物事を大量に覚えられない人が

医学部受験で勝ち抜けるとは思いませんし、そういう努力や忍耐がない人には

医学部に入ってほしくないですね。(後々の患者としての意見を含めて言っています。)


要は、理屈で成就しないんですよ、こういう激戦の場合は。

理屈をはるかに越えて頑張ったり、何か徳などの詰んだ場合に結果が待っています。

もちろん、それほど努力をしなくても手に入る人間、

もっと高みに行けるけど他のことをやりたいをやるためにとか、

家の事情で自宅の近くで何かしたいという人もいるかもしれませんが、

そういう選べる実力をもっている人は本当に少ないわけで、

凡人というと言葉が悪いですが、秀才クラスでも努力しないと足元が掬われてしまうのが

医学部受験です。必死でやるなら覚悟してください。

そして、覚悟を持って勉強をした夏にしてもらえたらなと思います。
cancan
Posted bycancan