FC2ブログ

受験生活を迎える前に

先日、ある医学部の特待合格をもらってきた学生が、

「英作文をすごくやったおかげで結果を出せた!」と報告しに来てくれて、

非常に嬉しかったです。特に指導していたわけではなかったのですが、

私の添削のことを覚えてくれていたようで、なんか結果が出たのを聞けてうれしくなってしまいました。

本当におめでとうございます。頑張ればいい結果が出てくるものなのですよね。


さて、先日福岡大学医学部の繰り上がりの声を聞き、

無事また一人医学部生になることができました。本当に嬉しい限りです。

(もちろん合格すると思っていた番号だったのでカウントしていました。でも、結構遅かった)

あと1週間繰り上がりがずっと動くと思いますし、

今年は色々な後期試験もたくさんあったので、4月の前半期まで動くと思います。

愛知医科は1次補欠が回り切りそうなので、2次補欠の学生も若干希望が持てそう。

でも、今年は例年以上に回っている学校が多いのかなとなんとなく思ってしまいます。

少し医学部受験も下火になってきましたかね…。



一方で、医学部予備校や大手予備校では新学期前の春期講習が始まり、

早速受験のためのスタートダッシュをかけている学生もたくさんいます。

今年は予備校で見ていた学生はほぼ掃けたので、

全く新しい学生ばっかりかなーって思いきや、昨年見たことあるなぁという学生もちらほら…

私は1クラスしか持たなかったので自分の担当以外の生徒のことをちっとも知らないのですが、

見たことがあるメンツばかり少しびっくり。

予備校で2度以上同じ講師にあうこと・指導することは不幸なことで

そんなことはあってほしくないのですが仕方ない…今年も頑張ろうってことで

私も明日から予備校の春期講習の初陣を切ります(少し遅くね??ww)


この時期は、とにかく予備校・宅浪での生活をどのように過ごすかを考える時期ですね。

そして、もう一つ実感して述懐してほしいのは

自分は受験に敗けたということ。

どうして受験で敗けたかを考えずに、「量をやっていなかったから今年こそは」とか

「緊張して力を発揮できなかったから」という誰でも言えそうな理由で自分をごまかさずに、

仮にその理由しか出てこなくても、もっと改善策を練っていかなきゃいけません。

「量をこなしていない」のであれば、「どれぐらいをこなさなきゃいけないのか」とか

「一番多くやっている人間はどれぐらいやっているのか」とか、

「量をこなしまくってもダメなんじゃないのか?もしそうならクオリティをみなきゃ」とか、

一つの問題点から複数の問題点を新たに生むこともでき、

より自分が求めている正解にたどり着けるわけで、そういう思慮をどんどん進めてほしいです。

そして、受験に二度と負けないぞという精神と体制を作ってください。

それでも失敗するときは失敗しますが、常に全力でなんとなく浪人するのはやめましょう。

そして、現役生は今まで以上に量をこなさなきゃ死ぬぞということを忘れずに、

アクセルをガンガン踏んでください。そうじゃなきゃ、浪人生に敵わないし、

下剋上は果たせません。大学受験は群雄割拠で無法地帯。勉強するしか生きる道はありません。

頑張って下さい。私はまた地獄のメリーゴーランドに乗る時期が来ましたかと慄きます。

cancan
Posted bycancan