FC2ブログ

国立前期お疲れ様でした+英語は勝負する科目ではなく安定を得る科目

昨日は国立前期第1日目でしたね。

一人の医学部へ受験した学生が「受かりましたかねぇ」というメールをくれましたが、

どうやら9割は取ったと豪語しておりました。

いやー、結果に期待です。そして、私は少し安心しました。

一方、数学で波乱があった学生もいて、どうしようとなっていましたが、

まあ獲れていなきゃいけない部分が獲れているので大丈夫だと信じて、

とりあえず後期の準備をしようという感じになりました。

京大受験をした学生も順当だったという話で、これは来たかなという感じで、

英語で大崩れした学生がおらず、今年のおおまかな受験戦争が終わったかなというところです。


個人的な意見ですが、受験において、英語は勝負する科目ではなく、

受験結果を安定させる科目です。

正直、英語ができなければ受験も糞もないし、どの学校にもまとわりつく科目で、

それができるようにならないのであれば、大学を選びませんと言っているのも同然。

でも、じゃあ英語ができれば武器になるかというと……

いや、英語英語と言われ続けいる昨今の時代に「差をつける」英語というのは、

よっぽど難しい学校以外を除いてですが、

MARCHや中堅国立、そして私立医学部の半分ぐらいの学校だったら、

英語は軽く80%ぐらい獲れていなければボーダーに乗らないと思っていいです。

我が軍で一番デキないぞという学生(スタートセンター110点ぐらい)でも、

直前期には明治の過去問を解いて75%ぐらいには引き上げています。

それでも受かるかどうかの闘いをしているので、英語がそのレベルにも至らないのであれば

多分MARCHは愚か、日大とかでも全然入れないレベルになるのではと思っております。

昔より簡単になったかというとそんなことはないのですが、

昔よりも大量な英文が読めて、内容もひっつけて読み取れますかということを確認しているように感じます。

変な知識や単語の意味をを知っているか、和訳がきれいかというよりは、使えるかどうか。

そういう力が尋ねられているということから、普段の文脈理解でスコアが獲れるようにはなってますかね。

MARCHや私立医学部以上の大学を受験している人の多くが

センターは軽く80%は獲れているのかなというところで、

それよりも下回っている方がむしろヤバいし、その時点でビハインド。

模試で偏差値70を獲る学生なんてごろごろいると思っていますし、

偏差値65~70ぐらいでできるぜって思っているようだったら、

反対に他の科目どれだけできてないのよ??ってなります。

というか、こうやって受験ボーダーが上がってきているために、模試が本来の機能を失っているようにも思います。

(特に英語。正直、微妙なのおおいっす。当てにならない。

偏差値70獲ってても説明できない奴だらけだし、偏差値65行くか行かないかでも、

ちゃんと基礎ができている学生だったら医学部正規が2~3校来るし。本来の力がはかれてない。)

だから、英語はとにかく最低限できるようなる

そして、偏差値で言うと最低65は取れるようになる

これが達成できなければ国立医学部なんて箸にも棒にもひっかからなければ、

私立受験でも勝ち抜くことはなかなかできない。

このスコア基準よりも下回っていてもギリギリで勝つことはできるかもしれませんが、

ある一定の安心みたいなものは手に入りません。

なかなか手厳しいかもですが、私が指導している学生にはこれより下回ったらヤバいといつも言い続け、

日々英語の勉強をしてもらっています。でも、日々やっているとこれぐらいは余裕です。

「受験目的」と絞って勉強している人ほど取れないです。

ここ2年の私立文系・医学部受験は本当に大変ですので、

これぐらいの目安で頑張ってほしいです。
cancan
Posted bycancan