FC2ブログ

1次試験大勝!!+医学部予備校は使い方によってはいいところ。

昨日、予備校に行って作業をしにいっていました。

もちろん予備校の学生の結果も気になっていたところで、どうなったかと言いますと、

いやー、

もう合格すぎて誰がどこ受かったかわからんww

ってぐらい受かっており、クラス授業していた学生はほぼ全員面接に駆り出されていました。

残念なのか、良い事なのか、複雑でしたが、まあもちろんいいことですかね。

もちろん今回は得私が担当している英語だけではなく、

他科目の先生方との連携の大勝利だと思っており、本当に心強かったですね。

医学部予備校って正直申し上げて、大手予備校の上位クラスと比べると

お勉強ができるとか、自己管理ができるという点ではかなり劣る部分があるのですが、

ちゃんとやれば、大手予備校に所属した医学部受験生の中間層よりは

結果が出ることもしばしば。

「医学部予備校なんて…」って思っている親御様や学生さんもいるかもしれませんが、

医学部の詳細の情報や私立推薦の対応の手厚さや、

医学部受験に特化した大学別の分析や勉強方法に関しては

なかなかのものをもっている先生も少なくありません(少なくとも私は簡単に負けません。)。

自己管理できない学生だけど、真面目さはぴか一というのであれば、

プライドを捨ててみて医学部予備校へ行くのも一つの手です。

あと、大手に行っていて潰れた…という学生にもいいと思います。

基礎的なところはしっかり教えてくれますし(少なくともうちの予備校は。)、

演習量もそれなりに出してくれますよ。

そういう学生は毎年いて、出だしの授業は大手講師よりも劣るという風で

授業を舐めきっている部分も垣間見れるのですが、だんだんそうも言ってられないぐらい

課題や授業がかさんできて、その一方で事務処理や細かいサポートはかなりしてくれるので、

「医学部予備校も悪くはない」って思う学生もしばしば。

ただ、自由を求めている学生や、自分のペースでやりたい学生にとっては

最悪な場所なので、そういう人は大手に行ってのびのび勉強しましょう。


さて、そんな医学部予備校の中で、今回は本当に大金星を沢山見てきました。

昭和大学医学部の1次を見事に獲ってきた学生がおり、

センターでダメだった感全開の私に大きな光を与えてくれました。

よくやったぞ。おめでとうな。2次で受かって笑おうな。

もちろん他の学生もガンガン受かっており、今年は予想をはるかに上回った年となりました。

でも、私が思うこと。どこの予備校も受かっている印象がありますね。

おそらくこれは1次試験の緩和だと思います。

医学部の全科目の問題が全体的に易化しているでしょうね

もちろん難化を保っている学校もありますが、ちょっと受かりすぎかな。

実はこういう年が過去にも1度あったように思います。

正直手応え的に微妙っていう学生が多かったのですが、

それでも1次きたねーっていう年があったのですが、そういうときに起こるのが、

2次の惨劇。

多分2次でかなり落とすのではないかと少し危惧しています。

今年は面接で勝負しないと、小論文で勝負できないと

結構痛いめにあうかもしれないので、しっかり対策をしていきましょう。

そういうときにはやはり医学部専門予備校は強い味方になると思います。

私は本来医学部専門予備校を使うのであればこういう使い方がベストだと思います。

決してリーズナブルではないですが、対策って意味での投資は価値がありますよ。

ちゃんとしているところなら。


さて、医学部受験も来週からまた2次試験戦争を迎え、

医学部受験も後半戦を迎えます。

そして、国立前期のための勉強量も学生は増やしてくることでしょう。

泣いても笑ってもあと1ヶ月弱。

悔いのない受験生活にしましょう。
cancan
Posted bycancan