FC2ブログ
2018
11.17

藤田医科大学AO入試1次結果+愛知医科推薦

Category: 雑記
藤田医科大学AO入試の1次の結果が出てきましたが、

無事2名突破しました。どちらも浪人枠ですが、無事1次突破です。

予備校で対策授業をした学生も数名合格しており、

ちょっと安心。でも、やはりそれなりに実力がないと合格できないですね。

指導生の英語力は一応記述模試では偏差値70前半をキープしている感じ。

そして、彼らは英語と日本語がある程度書けます。

マークが得意だとか、ただなんとなく読めるという力ではなく、

ちゃんと時間内に表現して、一定の意思を伝えられるレベルにはあります。


先日、新センター試験(センターにかわるもの)を解いてみましたが、

ますます英語の内容がうすーくなって、文法問題はなくなってしまいましたね。

きっと、このテストが一般化してしまえば、

「文法なんてできなくてもいいんだ」という学生はもちろんのこと、

「文法なんてできなくても大丈夫」なんて言い出す講師も出てくるかもしれませんね。

そうなると、藤田の問題みたいな形式には歯が立たなくなるでしょうね…。

でも、私は今の現行指導通りに記述メインで、

単語を死ぬほど詰めて、文法も人並み以上にこなしながら

めちゃくちゃ速く読めるようになる訓練をしていきます。

まあアメリカ人もイギリス人も皆さんやってますからね。


そして、今日は愛知医科の推薦入試ですね。

去年は4勝していますが、今年は指導生のレベルも高く、

愛知の推薦入試を受けようという学生がいませんでした。

愛知医科の推薦は藤田と比べたら本当に簡単なので、

この先受けようと言う学生は増えてくるでしょうね。

でも、同時にあのレベルの問題で人を集めるのであれば、

一般入試で入学した学生とは確実に実力の格差が出てしまい、

どういう方針なんだろうと少し疑っている部分も私は正直あります。

ただ、推薦入試組は文を書くのがうまいと評価するお医者様もおり、

利点がないわけではないようですが……

どちらにしても、しっかり勉強した学生が医師になってほしいなと思います。

愛知医科の推薦入試を受ける学生たち、是非とも奮闘して来てください!
トラックバックURL
http://caseofcases.blog116.fc2.com/tb.php/1844-e6bab13c
トラックバック
back-to-top