FC2ブログ
2018
11.10

文法事項は終わっていますか。

Category: 雑記
先週は北大オープンがあって英語を見せてもらいましたが、

思ったよりも簡単で、なかなかいい練習になったかなというところでした。

そんなふうに思えるようになるためには、何が必要か。

そうです、基礎英文法力です。

この時期に増えてくるのは、問題を解きまくってセンター試験の問題でも

170点手前~150点近辺がとれるようになってくるのですが、

その先がいっこうに越えない、

もしくは1度か2度しか越えないという状況に陥ることです。

我が軍でも170点以上獲れないという学生は結構います。

その原因の一つは文法事項が手ぬるい!!ということになります。

といっても、

文法の中でも

品詞分解や主語述語の発見等が曖昧というところですね。

こういうことが日ごろからできていない人は、

正直練習でスコアが獲れていても信用できませんね。

じゃあ、文法問題集だけやって整えればよいなんてことをしてみるのも……

と思いますが、それも結局付け焼刃的な結果しか手に入らず

運頼みからは逃げられないでしょう。

そうなんです、厳しいですが、

この先合格する受験生の多くは

特に国立で結果を出してくる人、早慶で結果を出してくる人は

英語の基礎事項を10月までには仕上げ、単語もストック十分で、

それを運用する下地を作り終えているのです


実力アップの時期はもう終わったと思っていいです。

色々な対策授業をやっていても、うーむ文法を知らない・しっかり考えてない人が多かった。

受験本番で心配ですが、それも人生であり、宿命。

そのなかでやらなきゃいけません。


では、この時期に文法に不安がある人は何をするべきか??

一番手っ取り早いのは日本語つきの並び替え問題で構造理解を深めることでしょうね。

並び替え問題は品詞の理解や構文がわからなければできません。

それを500問ぐらいしっかりこなすべきですね。

その上でセンターの問題をやればまあセンターの問題も簡単になるでしょう。

4択問題はやはり丸暗記感が否めないので、効率が良くても実力はつきません。

でも、並び替え問題に着手できないのであれば仕方ないですね、

4択問題をやりまくって、付け焼刃だと割り切って死ぬほど解くしかありません。

正直他の科目で勝負しましょう…と

投げたくなるぐらいの手法だと私は思っております。

文法事項って、単元がわかるとかよりも、

結局根本にある品詞理解と単語量

なんですよね。変な構文を知らなくても、品詞がわかって意味が分かれば

なんとなくで読んでも精度よく的を得た意味を得られたりするんですよね。

品詞分からないというのは、英語学習をはなっから放棄している部分があって、

やはりよろしくないなと…。私の指導でも品詞はすごく細かく話しますが、

それでもできない・やらないんですよね…。

高校1・2年生の皆さん、そういう品詞を無視した学習はやめてくださいね。

今スコアが獲れても、あとあと全然わからなくなりますからね。

しっかり今から品詞を意識する癖をつけること!!


そして今日は藤田医科のAO入試ですね!

2人受験していますが、2人とも行けると思っております!!

そして、うまくいくことを祈っております。

トラックバックURL
http://caseofcases.blog116.fc2.com/tb.php/1841-6a3af2ca
トラックバック
back-to-top