FC2ブログ
2018
10.24

第3回記述模試総評+名大入試実戦

Category: 雑記
さて、今回は第3回記述模試と名大実戦模試がかぶって、

どちらかを選ぶという形になりましたが、

大半は第3回全統記述模試をチョイスしていました。

自己採点を出してみると、私の周りでは

残念ながらあまりスコアが良くない学生もおりましたが、

かなりできたーっていう学生もおり、今回は実力の明暗を分けたかなと思いました。

ちょっと差がくっきり出たので、私も丁寧に解いてみましたが、なかなか良問かなと。

正直、めちゃくちゃ難しいという模試ではなかったと思いますが、

学生の実力を測るのには十分なものかと思いました。

今回の長文読解問題は記述は例年並みorちょっと難しいというぐらいですが、

マークの問題が秀逸でしたね。

断片的な内容を追っただけではわからなかった問題がいくつかありましたね。

長文読解の問題を文法の延長ぐらいに思って解いた人は面食らったでしょう。

また段落ごとの繋がりや文章内の内容転換に気づけなかった学生は

選択肢がほぼ同じ(as well asとto say nothing ofの使い分けとか)に見えたでしょう。

ちょっとした流れの変化や、副詞や接続詞などの切り返し方の訓練をしてない人は

今回スコアが出ないと思っていいでしょう。

(受験してきた学生から、「周りの学生が記号以外全部白紙とか結構見た」と

話していましたwwそれほどではないけど、希望を失くした学生もちらほらだったそうな)

英作文は簡単でしたが、「整然と並んだ」とかは訳しづらかったですね。

でも、正直それ以外は高1~2でも書けるレベルのもので、高得点を出すべき。

うーむ、やはり医学部受験で正規合格を目指している学生は

150点はほしいですかねー。第2回よりは難しくなっていますが、

第2回記述模試は160点ぐらいとってやっと偏差値70だったので、

正直簡単だったと言わざるを得ない。

130点ぐらいですと、偏差値65ぐらいですかねーっていうのが私の見立てです。

(もちろん雑感ですからね。)

学生にもそんな話をして、「やばい」となったのか、一部長文をたくさん持っていきました。

まあ一度高得点をたたき出している学生達ですが、

ちょっと読みづらかったり、解きづらかったりしてダメになったということも

1度や2度はあります。でも、焦ることはないです。

むしろここで失敗しても、

あー受験本番じゃなくてよかった!!」と思ってくれれば十分。

1年通じて偏差値60を越えなかった学生や、

1度でも偏差値50代をたたき出してしまった学生、

極端にMAXとMINIMUMに差がある人は要注意です。

基礎が崩壊しているか不十分な可能性がありますので

自分の勉強方針を見直してくださいね。

個人的には、数学と化学は結構ダメだった人をよくみます。

化学でうまくいったーっていう人は少ないですね。浪人生はまだしも、

現役生にはなかなか厳しかった問題だったみたいです(雑感ですよ)


一方名大実戦は1長文は簡単でしたが、

もう1長文は骨がありましたね。さすが名大実戦。難しいが良い問題をつくります。

2名だけだったので、まああまりデータがありませんが、

英語と数学は結構できたという声をもらってきました。

どちらも英語は結構いい線行っている学生たちなので、

国立医学部へ頑張って入学してほしいです。

勝負は11月の名大オープンですね。我が軍オールスターズという具合で

半数以上の受験生が受験します。

あとなぜか九大オープンを受ける学生数名いますww

先日も書きましたが、「模試は所詮模試で指標でしかない」わけです。

でも、受けるからにはある程度目標として頑張った人もいるかと思いますので、

そういう気持ちでの闘いの結果は自信なり糧にしてください。

ここからは、模試なんかよりももっと過酷な闘いになります。

模試が良くても本番ズタボロだった学生は本当によく見ます。

特にセンタープレのスコアと本番のスコアは結構異なる人が多くなるので、

(国語はふり幅でかい!!!!)油断しないでくださいね!!


トラックバックURL
http://caseofcases.blog116.fc2.com/tb.php/1838-391cb883
トラックバック
back-to-top