FC2ブログ
2018
10.18

第2回全統記述模試の結果が出てきました。

Category: 雑記
さて、第二回全統記述模試の結果が出てきました。

今回は半分ぐらいが偏差値70越えを達成してくれました。

平均だと偏差値67ぐらいで、昨年よりは少し劣ります。

ただ今年はちゃんと維持してくれる人も多くおり、おおむね満足しております。

トップ層は180点越えが2名出ています。正直簡単だったので、

今回はもっと偏差値70後半が出てもよかったのですが、

全体の1割強ぐらいでしょうか…うーむと言うところです…。

一般学部志望者もいいセン行っており、偏差値70越えを出して、

「よーし、名大か阪大出してみるか!」という状況にもなった学生もいます。


一方、結果が出なかった学生も、正直申し上げて今年は1割います。

練習していても結果が出ないと言う学生は、本当に私にとっても心が痛いところで、

原因探究に努めております。来週の模試で結果が出ればいいのですが……。

しかし、今年多いのは

「文法事項がしっかり理解されていないで、

できたことにして問題ばっかりやっているパターン」ですね。

問題を解くことに集中しすぎて、(問題に早くいきたいと思いすぎて)

覚えることをおろそかにしていると言った方が正しいでしょうか。


なかなか知識事項を説明する力が乏しい、知識事項を英語で言いかえできない、

知識事項を空で言えない……結構多いですね。

今年は文法特講をして長文を独自で任せるというパターンも増えつつあります。

文法事項がわからずして、難解な問題を解き抜くことが今後できません。

そして、覚えるものを覚えずして、難解な問題を解く知識的余裕は出来上がりません。

もっと覚えることに意識を回してほしいなと思います。

それができないから、「対策」という方法に傾倒してしまうんです…。

対策を最小限にすること、対策は調整の場というイメージになることを

祈りながら、引き続き指導をしていきます。
トラックバックURL
http://caseofcases.blog116.fc2.com/tb.php/1835-69662c4e
トラックバック
back-to-top