FC2ブログ
2018
06.30

勝負の世界だけど……~ワールドカップから受験を考える~

Category: 雑記
現在絶賛W杯開催中なわけですが、私もこの機に便乗し、

毎日徹夜の日々を送っておりますww

今度のベルギー戦、27時(夜3時ですか…)。

そのあとに私は7時半から授業…7/3は厳しい一日となるでしょうね…。


さて、そんな中、西野JAPANは無事?

決勝トーナメントまでコマを進めることができたのですが、

先日のポーランド戦での戦い方には賛否両論が飛び交っていました。

Twitterではセネガルの監督を始め、

彼らの戦い方とフェアプレーポイントについて潔く認めるという姿に

日本人の多くが感銘を受けている状況です。

確かにポーランド戦自体には負けたわけで

喜びを全開に出すことはできないかもしれませんが、

しっかり日本代表の目標であるグループリーグ突破という点では

目標を達成したわけで、目標達成にこだわった彼らの選択と、

西野監督の判断は卑下されることでもないと思います。

長谷部選手が「勝負の世界だから!」とインタビューでおっしゃっていましたが、

その通りで、負けられない試合では仕方ない時もあります。

次のベルギー戦で厳しい戦いになるでしょうが、

ここでPKだろうがどんな形で勝てば、今の状況をサッカーだけに一蹴できるでしょう。


さて、受験というか勉強の世界でもこういうことはあります。

例えば、先日、私が使ってしまった業ですが、

仮定法を定着させる時に、仮定法そのものが持つ意味よりも

「見た目は過去。頭脳(意味)は現在、そう名探偵、仮定法!!」

なーんて著作権ギリギリアウトなことを言っていたわけですが、

期末テストで落第してしまいそうな学生にはこうやってスコアを獲らせることをしました。

(もちろん、夏休みにちゃんと説明をし直しますよ。

ちなみに3回ほどしっかり説明したのですが、それでも身につかなかったので

僕もしびれを切らしてスコアの方を意識した結果、この手段を選びました)

特に推薦入試で選抜されるかされないかの瀬戸際にいる時は

やはり手段を択ばずという雰囲気にさせられますね。

(だから、日本式の推薦入試って失くした方がいいんですよね…。)

受験本番でもじっくり考える時間がなくて、この文意とあの文意でこれ!

みたいな解法を駆使して時短していくことが邪道であるかもしれないですが、

状況的に仕方がないということは、やはりあります。

そして、これは受験だけではなく、医学の世界や法曹界、

様々な分野の中でも仕方がないって状況はあるんですよね。

心破裂して心肺停止状態なのに、

繊細な縫合をしてちんたら処置していたら死んじゃいますよね。

雑な(大胆な)縫合であっても、止血が先となったら手段は選びませんよね。

across the boardなんです。


でも、サッカーでも受験でも、どんな世界でもいいですが、

こういうその場しのぎは後々にしわ寄せが来るので、頻繁には使えません。

頻繁にそのカードを切っていたら、それはもう詐欺師です。

その場しのぎは数少ないから許されるわけで、多用は厳禁。



ただ、受験ではやはりその場しのぎで、

特に大学受験でのその場しのぎ的な勉強で受験を終えるのは、

この先の人生においては危険です。大学の授業はいうほど厳しくないですし、

課題が多い医学部でも、評価自体はそれほど厳しくないように感じるのもしばしば。

若干盛って入っても、周りの人間をうまく使って落第を阻止して、

誤魔化して卒業することは正直日本の大学では可能です。

(国際教養大学とか一部の学校のように本当に厳しいところはありますが…)

でもそれでは結局人生破滅します。

文系学部出身でしたら、就職できないorブラック企業に甘んじる…

医学部でしたら安泰ですが、私のような患者にしかなれない人にとっては迷惑で、

数十年後にはバカみたいにお医者様が増えて、

今の弁護士のように儲けられる医師とそうでない医師が出てくるかもですよね。

ちゃんとやってないことで、見えてこない問題がたくさん自分に降りかかってきます。

正々堂々闘って、合格を勝ち取りましょう。
トラックバックURL
http://caseofcases.blog116.fc2.com/tb.php/1818-55a288bb
トラックバック
back-to-top