2018
06.14

東海高校の学生たちを教えてきて思うこと(医学部受験になぜあんなに受かるのか)

Category: 雑記
さて、私も少し世の中の流れに便乗して、ノリで書きます。

これまでというか毎年、どの学年かの所属している東海生をみています。

中1~3浪ぐらいまで名古屋には医学部受験を目指している学生は

ニュースや雑誌記事で報道されている通りむちゃくちゃ多いです。

僕が名古屋で指導し始めたときからやはり医学部志望がこんなにも多いことに驚き、

本当は早慶専門で授業していこうと思っていたのですが、

医学部指導で食っていこうと切り替えたほどです。

では、何が他の学校と違うのか。


東海高校は学生の人数も多いですが、

何を隠そう、国立医学部に受かる数で130名ぐらいっていうのもすごいですが、

それ以上に半分以上つまり、卒業生200名以上が

どこかしらの医学部に合格していること、

それにプラスαで文系上位に合格していることの方がスゲーと思います。

医学部合格+旧帝国立+早慶を合わせたら多分80%近く

現役で受かるんじゃないですかね。

正直、東海高校は入れればかなりいい学校だと思っています。

いじめも比較的少ないし(過激な奴や幼稚な奴、陰険な奴はいるかな…)、

宿題も適度に出すし、いい感じで放任も守っていますし、

結構自由度がある学校でもあり、個人的には指導したくなる学生も多いです。

親御様も寛容な方が多いので、

やはり東海の親御様はまともだと思えることも多いですね。

(過保護気味なときはあるけど、まあもうそこは仕方ない……)


じゃあなんでそんなに合格する学生が多いのか。

これは同時に

医学部受験には何が必要なのかを物語っていると言ってもいいでしょう。

答えの1つは数学の出来具合の高さですね。

一応英語講師として英語の言及をしておきますが、

正直東海生で英語ができるなーと思えるのは上位50位ぐらいです。

上位50位に位置している学生は本当に全部できる学生で、

開成とかにも負けないようなインテリが多いですね。

でも、B群と呼ばれるところに所属している学生の多くは

英語に関してはいうほど強くないですし、えっ???っていうスコアの人もいます。

でも、数学の実力は400番近くの底辺層でもセンター1Aのスコアが

90点とか余裕でとります。

極端に数学が苦手な人は本当に少ないのは

医学部入試にむいているのかなと思いますね。

数学で英語を凌駕できると断言できるような学生も多く、

2次試験の数学をひょいと解いてくるので、

正直英語ができなくても合格を勝ち取ってくる学生はかなりいます。

センター80%前半で医学部に合格しちゃう、

ミラクル合格が多いのも東海の特徴の一つですが、

それを支えているのも日々鍛えに鍛え抜いている数学力の賜物でしょうね。


そして、もう一つは、数学から生まれているであろう

国語力と論理力の高さですね。

先ほども言いましたが、純粋な英語力は彼ら、言う程持っていません。

単語知らないし、語法知らないし、は?みたいな部分は結構あります。

ただ、彼らは学校の課題レベルのことは最後の最後までには仕上げますし、

現役で受かる学生は最低限のことを仕上げてきます。

それだけではもちろん医学部受験を始め上位難関校には受からないのですが、

彼らはそれをちょっと練習しただけで処理できる

論理力と国語力を備えていることが多いです。

国語力だけが高いのは実は結構いるんですよね。

よく名古屋で対比される南山女子の学生を引き合いに出しますが、

南山女子の学生は国語と英語が良くできる学生が多いのですが、

突き抜ける学生は少ない印象です。

(国語力だけで乗り切ろうと言う南女生も少なくなく、

実は英語になると80%ぐらいで伸びが止まる学生を沢山見てきました。)

(ただ南女は私立医学部に滑り込む力を持っている学生は多い。

あと南女のお母様方はいかなる手段を用いても合格させる謎の意志が強く、

それも助かって合格している気がする。間違った意志も多く見受けられるが、

基礎的な実力はやはりあると思う…)

東海生は国語力だけでなく、書いてあることを無理なく解釈できる論理構成力も

兼ね備えています。

英語が得意でない東海生が英語で最後の最後に結果を出してくることは多く、

教えていて私もやりがいを感じますし、もっと上がれこの野郎!って

ガンガン問題を持っていったりします。


というわけで、東海生のちょっとした雑感でしたが、

東海生を敵にして闘う医学部受験で合格するためには、

まずは彼らを追い抜かなくてもいいから言う程負けない数学力と

彼らを圧倒できる英語力
がほしいですね。

医学部受験の皆様、英語と数学は大丈夫ですか?

まだまだ夏を控えていますが、この夏で英数を仕上げる気でやってくださいね!

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
トラックバックURL
http://caseofcases.blog116.fc2.com/tb.php/1804-da153291
トラックバック
back-to-top