FC2ブログ

3日、3年、3か月 ~まずは3ヵ月粘ろう!!~

さて、予備校の授業もやっと決まってきまして、

私も来週から予備校で授業が始まります。

先日申し上げました通り、今年は指導生ほぼ全員が国立志望者で、

しかも結構なレベルにある学生があつまったので、

私も今年も本気レベル高めでやっていこうかなと思います。

さてそんな中、英語で困っている学生の質問もちらほら受けております。

どんなに続けても英語ができないということを理由に

英語が嫌になったという学生に結構あったりしました。

でもですね、これは「どんなに続けても」と言ってはいても、

「続けていない」ことが多いのですよね。

そういう学生の勉強法は「ただテキストを見るだけ」、「ただ問題を解くだけ」

のような「ただ●●するだけ」なのですよね。

目標なく、物を覚えたりしてもできるようにはなりません。

「覚えるものを覚える」ということをしっかり軸にして、

その上で問題を解いたり、和訳の練習をしたりするのが

ちゃんとした勉強で、結局は「覚える」作業に力を入れていないんですよね。

例えば、S prevent A from Bの書き換えが縦横無尽に書き換えられないんですよね。

preventの代わりに、

keepやhinderやhold、ときにはdiscourageと書き換えができますが、

前々回にやった内容がちっともfeedbackされておらず、頭に入っていないんですよね。

こういう状況は、記述模試で偏差値70オーバーでもそれが見受けられます。

こういう派生や単語のインプットをしっかりしなければ、

永遠に問題を解き、しかも膨大な量を解き抜かなきゃいけなくなります…。

それはずっとやっているようで、やっていないんですよね、「勉強」を。


では、どうすればいいというか、どれぐらいは頑張ればいいのか??

「3日坊主」という言葉がありますが、まあこれはダメですよね。

3日でやめちゃうような志でしたら、英語の学習なんてやめちゃって、

花見や飲み会にでも行っていた方がいいです。

苦しみよりも、飲みニケーションを覚え、友人作りにでも励むべき。

よく、昔の人は、「3日、3年、3か月」とよく言っていましたが、

これは何かをやろうと専心したときに迷いが出る時期なんですよね。

3日という月日はなんとなく面倒くさくなったり、

あきあきしたりする時期なんですよね。

まずはこのハードルを越えられなければいけないのですが、

単語や1単元の復習を3日やり続ける人って

実は結構少ないのかなって思います。

苦手な人ほど、先に進もうとして中途半端にして先に進めてしまう人も

少なくないのではないかな…

(偏差値70の猛者どもが1週間もあったにもかかわらず、

私のテキストの知識をちゃんと覚えていなかったわけで、

それより下回る学生はさらに完璧な復習が終えられてないんだと思います)

というわけで、まずは

3日坊主を越えることを目標に1つの単元の知識をしっかり覚えるようにするべきです。

そして、3か月かけてその知識を維持できるかが次のステップですよね。

3か月ぐらいで基礎英文法を網羅できて

体系的に把握できるレベルにいるといいですね。

(1単元だけじゃだめだよね、当然)

受験において、この「まずは3か月」ステップが多分重要になってくるんだと思います。

3か月は講師と一緒に粘ってみる…もしくは講師の指示に従って、

英語の知識を覚えることを粘ってみる。それができるようになって、

コツがつかめれば、もう3か月長文とかやっていくと、1年で結果が出るのかな

って毎年うまくいった学生をみていて思います。


3年目……まあ中学生から勉強している学生等によくある感じでしょうが、

とにかく受験勉強から離れたことをあえてやってみることですね。

でも、それぐらい勉強し続けていたら、

正直受験の世界ではかなり上位になっていると思いますwww

夏手前までしっかり粘ってみてください!

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan