FC2ブログ

国立結果その2+「最後に伸びる力」を創るべき。

さて、昨日やっと我が軍の国立合格第1号が出ました!!

名古屋市立大学医学部1勝
名古屋市立大学経済学部1勝


いやーーーー、すごいっ!おめでとうございます!!

名古屋組の直属の学生からの合格。

しかも、ここの医学部現役合格はたぶん史上初です!

おめでとうございます!すごすぎです。

この学生、実はマークミスで私立医学部に落ちていて、

正直無茶苦茶不安で、私は「これは浪人もある…やべー」って思っていましたw

でも、もちろん実力はぴか一で最後の最後で英語力はむちゃくちゃ上がり、

英作文も型にはめず実力でいい英文を書くレベルまで到達していたので、

まず医学部に落ちる要素はなかったです。学校での評価はあまりでしたが、

僕はこの学生が現役で医学部には行けると自信はありました。

でも、こういう自信をくれたのは、彼が死ぬほど問題を解いてくれたことと、

丁寧に覚えることをしっかり覚えて、1年間で面倒なことを終えられるほどの

不断の努力があったからです。

コツコツタイプではなかったはずなのに、

結果的にコツコツやることになったという感じで、

課題を与えた量とタイミングは結構うまくいったと自負しています。

実は昨年名市大医学部を同じようなセンターのスコアで受けた学生がいて、

あと数点で合格を勝ち取ることができなかった……ということもあり、

悲願のリベンジということにもなり、個人的に「ちょれーーーーーーーい!!」って感じですw

本当に本当におめでとうございます。多分彼の合格劇は今後ネタになるでしょう。

後の学生のために努力譚を披露してください。


さて、もう一人も名市大経済学部に見事合格してくれました。

こちらは志は高かったのですが、少し失速気味だったというのが正直なところで、

もう少しやる量がコンスタントにできていたら、また覚える作業がもう少し徹底できたら、

名大や神戸、うまくやれば阪大に手をかけられる学生でした。

でも1年で無茶苦茶実力をあげてくれた学生の一人で、彼女も頑張りました。

そして、先ほどの医学部の学生と同様、私立は1勝しかしておらず、

数学がなかなかそろわなかったんですよね…。

でも、英語を安定させながら本人には数学に注力してもらいました。

英作文はきれいに書けていたことと、読む力を最後の最後で爆発的に上げてきたおかげで、

見事合格を果たしました。立派です。すごすぎです。


という具合で、わが軍の今の2人の共通点は

マーク試験の準備をほぼさせていないが、

国立試験では結果を出せるということです。


そして、最後の最後に伸びた!!

ということです。

これは我が軍の特徴でもあるのですが、

まあマーク問題をガリガリやりません。理由は簡単。

問題量を積んで練習すれば、ほぼ満点にできるぐらいの基礎と

構文読み込みと英文の精読を膨大にやらせるからです。

私の学生にはテクニック的なこと、時短になる方法はほぼ教えませんが、

読む上で構文的な理解ができつつ、前から読んでも内容がぶあっと広がるように

語彙力も上げているので、そんな小手先で曖昧なテクニックで処理させようとしません。

全体的に単語が少し難しくても読めちゃうぐらいにはしてありますし、

難易度が少し上がっても自分で何とかできるレベルにはしてありますし、

1年間の英文読解で国立の入試問題、特に旧帝国大学系の改題とか、

早慶・同志社ぐらいの英文しか読ませてないので、

多分読めない英文が出てくることが少ないのです。

もちろん簡単な英文を課題で出していますが、

授業では常に真っ向勝負しなければ読めないものを読んで、

しかも1語1句指摘して、文法テキストで覚えた知識とぶち当てながら指導しているので、

文法基礎知識と細かい洞察力には結構長けています。

そういうことを10月ぐらいまでずっとやるので、嫌でも英文が読めます。

ただ我々が弱いところを強いて言うならば、

読むのが遅い人がいるということですかね。

まあでも、練習でおおむね解決できることが多いので、

英文読解が終わらず受験問題を終了したということはよっぽどないです。

でも、英文を読むのが遅い人は、文法基礎知識が不十分であるということなので、

基礎知識をもっと瞬時に出せる訓練をしています。

こんな指導概要から、あー、「最後に伸びるのね」、

「マークも練習だけでいけるのか…」、「国立試験にものすごく強いのね」

なんてことが垣間見てもらえたら幸いです。


試験に勝ち抜く英語力を創っていません。

試験に負けない英語力であり、今後の人生の基礎になる英語力を創っています。

今日もそんな風になろうと頑張ってもらえそうな方々と面談します。

来年も最強になれるように私も尽力するのみでございます。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan