FC2ブログ

藤田センター利用+工学部・文系学部の猛追+お問い合わせ関連

ここ3日ずっと授業で声を出しっぱなしでした。

なかなかブログを書く時間がなく、日々授業一辺倒ですぎていきます。

さて、昨日・今日と続々と合格の声をいただきました。

まずは藤田保健衛生大学のセンター利用の正規合格

ガッツリいただいてきました。

これは本当にすごい!!一般でやらかした学生でしたが、

センター利用で勝ち取ってきました!!本当に本当に本当によかった!!

泣きそうでした。受かると思っていましたが、これは感動。

彼はこれをネタにして生きていけます。

そして今度は必ずしくじらずに国立医学部に行きましょうね!


そして、今回は文系学部と工学部もしっかり押さえてきました。

名城大学工学部・

南山大学経済学部・

日本大学法学部・

同志社大学経済学部・

中央大学法学部・

立教大学法学部、


そして

東京理科大学理工学部

を見事合格いただいてきました。

とりあえず4人でこんな感じです。2勝している学生もいます。

中でも理科大の1勝は大きかったですね。

高1の時から指導した学生で、最初は正直学年でも

下から数十人というところから、英語だけガンガンやっていき、

高3時にはセンターで175点まで引き上げてきた勇士です!

名城大学の英語は「まあ満点か一問ミス」といって帰ってきた程で、

まあそのあとはとんとん拍子。理数科目が心配でしたが、

見事に合格を勝ち取ってきました。

理系学部でこんなに英語が卓越したのも久しぶりで、

お前理系か?と突っ込みたいほどですが、

彼はちゃんとテキストのことを覚えて、書けるようになりました。

だから、学校の文法テキストや英作文をやっただけで特別なことはしていません。

ただひたすら復習と問題演習をしただけで、偏差値65ぐらいを維持してきました。

そのおかげか国立の英語もガンガン解けるので、正直9割獲って、

国立の工学部に入って、しっかり大学生をエンジョイしてほしいなと思います。

あと3日、頑張れよ!!


こんな感じでいい話が多々出ているように見えますが、

正直なところ、MARCH受験は痛い目にあっております。

センター試験で逃げ切った部分が多く、こんなに一般受験でやられた年、

しかもやられたのがMARCHというのにショックでした。

Twitterでも様々な先生が書かれていましたが、

まあ関東圏の受験状況はやばいですね。

定員を絞っただけでこんなにきつかった年も久しぶりで、

ここ数年とは大違いです。やはり、首都圏の定員絞った影響は大きかったですね。

早慶も厳しい戦いをするかなと思っておりますが、

引き続きしっかり闘い、学生の成果を期待して、結果を待つことにします。


さて、お問い合わせが本格化しております。

早速今の時点で10名以上ご連絡をいただき、なかなかさばききれておりません。

そして、今年は浪人生(ほぼ決定組)のお問い合わせが多いですね。

浪人生として今年は厳しい思いをしても、

来年こそは絶対に!!!っていう学生の気持ちをたくさんいただきました。

そして、数学は強いけど、英語が弱めっていう話をたくさんいただき、

こんなくそ野郎に英語で頼ってくれるなんて、めちゃくちゃうれしいです。

ご期待に沿えるような指導ができるように準備していきます。

連絡がいっていない方々、もうしばらくお待ちください。

あと、数名保留していた方々にメールをしたのですが、届いていないのか、

お返事がないのかわかりませんが、一応送りましたので、

この場でお知らせいたします。しかし、月末に連絡がない場合は

お問い合わせしていただいた方優先で承りますので、ご了承ください。


先日、ある先生が言っておられましたが、

医学部受験の英語なんてありません。英語は英語です。

どんな試験にでも対応できるようにしていれば、医学部だろうが法学部だろうが

合格できます。

しかし、対策授業もまた基礎事項の延長上にあるもので、

基礎がある学生にとっては意味あるものとなるでしょう。

私が対策授業をウリにしている講師だとおもっている勘違いさんもいるようですが、

結構正統派なことばかりして、指導生にはびっくりorがっかりされることが多いです。

でも、基礎をみっちりたたき込みますので、

文法演習は大学に入ってもしなくて済みますし、

英語を極めるとか、GRE・TOEFLとかのスコアを出したいのであれば、

単語を覚えることと、演習問題をこなすだけでスコアにできるようにはしてあります。

あと、指導生が家庭教師の授業をやりたくなったら授業教材まで提供します。

それぐらいの鍛練を積みますので、そんじょそこらの英語講師にだって

引けを取らないでしょうww

英語は今や外に出て生活するときはもちろんのこと、

エリートになっていく上で、そして、いざとなって日本が破たんしたときにも

必要になってくる最低限度の能力です。

どうか、英語を対策のためにだけなんて言わずに、

「これからのため」と言えるもののために学習してください。
cancan
Posted bycancan