FC2ブログ

自習時間が大事!

先週、マーク模試が返され、記述模試の自己採点を基に、

さまざまな見通しを立てていったわけですが、

今年は基礎を一生懸命やってくれた学生が多く、

演習あるのみ!!という状況になった学生がたくさんいます。

私の指導方針では、とりあえずそらで言えるレベルの基礎を徹底することを

前期の内に徹底的に行うことと、夏休み以降は

難易度を徐々に上げていきながらガンガン英文を読み込み、

文法問題をガンガン解きまくることをしています。

それを行うためには、あるものが必要になります。

そう、時間です!!

正直基礎事項をしっかりこなしている学生であれば、

授業なんて時間の無駄です。

週に1回か2回90分ぐらいの授業で、

実戦的に解く作業をしたり、問題をしっかり選定して、学生にその場で解くことと

効果的な解説を1語1句行った方が意味あります。

「宿題で解いてくる」はもちろん長い文章を扱うのであれば意味あるのですが、

ちょっとした英文だったり、中途半端な英文の長さの物だったら、

実際に解かせた方が実力が良く見えるし、本番にも強くなれるなっていうのがわかり、

最近は1日2本ぐらい即興で解かせるか、

1本英文宿題で1本本番さながらに解いてもらっています。


レベルにもよりますが、偏差値65程度を連発でたたき出してきたら

2本ぐらい解かないと授業する意味は多分ありません。

偏差値65以上の学生はおおむねどんな長文も時間をかければ読めますからね。

(よっぽど1000ワードぐらいの長文を精読するなら話は別ですが…。)


となると、長文読解の授業が意味あるものになるためには、

良問を与えること+できるだけ知識を与えられる+英文の内容が面白いネタであること

+時間内で解けるか解けないかのもの(目安は25分ぐらい)

が必要不可欠になるかなと。


というのも、実はある予備校で指導するのと、個別で指導する中で、

圧倒的に個別指導の学生の方が結果が出てしまっているから

こうした方がいいかなと思いました。

予備校ではかなり細かく1語1句丁寧に授業をしているつもりですが、

正直成績の伸びは全然よくないです。

週4回やっていても、成績が伸びないのはなんでかなーって思っていた反面、

週1の授業で1本の長文を丁寧にやることを教えて、

自主学習でそれをやるように薦めて、授業では2本~3本ガンガン読む方が

成績アップし、一人の学生は偏差値50ないところから半年で100本ぐらい読み込んで、

マーク模試は基本10アップ、すごい学生だと半年で偏差値50から偏差値68まで

アップした学生が数名出て、結局

「数こなされたらかなわんね!」

となりました。

だからこそ、今年は授業では

国立で扱われるような考えさせる英文を宿題にして、

早稲田の長文をその場で解かせたりしています。

(早稲田は長さが少し短めでも選択肢を考えないと解けないものが多いのでよく扱う。)

そして、自習でとりあえず1日1本は読むように時間を取ってもらっています。

となると、後半は特にですが、やはり合格するためには

「自分の時間を

いかに使えるレベルに至れるか?」


にかかってるかなと思います。

講師とちんたらやっているのでは成績は上がりません。

ましてや授業を増やそう的な話をもっていく講師や塾は

前期に何もやっていませんでしたということを露呈していることになります。

私の学生にも前期で文法処理をおろそかにした学生はいますが、

今に焦ってやっている状況で、厳しいですが、結果はよく出ない可能性が高いです。

でも、うまくできなかったことを悔やんでも仕方ないし、時間は戻ってきませんので、

文法事項や単語の基礎を作り終えていない人はやらないといけません。

単語文法に細かく追っているうちはまだまだ英語の恐怖を知る以前の問題で、

ある程度備わったらやっと地獄の入り口ぐらいに思わないとダメです。

そこを抜けるために9月~12月の期間死ぬほどやってもらいます。

自習時間をとにかく勝ち取るんだ、受験生よ!!

講師なんかに時間を奪われてはいけない!!

突き進め!


(そして、俺の授業の時間が減るから、人助けになるんだぞ!wおぼえとけw)
cancan
Posted bycancan