FC2ブログ

医学部は他の先生との連携が必要!+医学部予備校の選び方。

医学部受験の指導をしていて、

これほど連携プレーが必要な受験もねーなーって思います。

前いた医学部予備校と称していた個別指導塾では、連係プレーがまるでなく、

塾長であった英語の先生の独壇場or数学の先生の的確だがワンマン方針で

連携プレーなんて微塵も感じなかったので、

今いる医学部予備校の連携の強固さにはなかなか恐れ入ります。

今回印象的だったのは

化学の先生(全部できるハイスペック先生ですが…)との連携で

偏差値60を割っていたけど医学部1次を2勝してきた学生が出たことでしょうか。

あれは他の科目のバランスと、英語が最終的にガンガンやれるってことがなければ

多分1次合格はできなかったでしょうね。

そんな連携・コンボが結構今年はあったかなーって気がしております。

反対に合格できなかった敗因は他の科目が揃わなかったことです…。

これも個別の学生2人を浪人にしてしまったことから学習したと言わざるを得ないのですが

やはり英語以上に他の科目が仕上がらなかった……。

英語での仕事はできても、結局合格しなきゃ指導者としてはダメで、

英語一本では限界を感じ、今年は個別でも他の先生と連携をとっています。

そうなんです、個別・家庭教師でさえも「この先生に指導してもらえば大丈夫!」

という謎の安心感では、もう医学部合格はできません。

個別の科目の先生+オーガナイザーの役割をする人がいなきゃ多分うまくいきません。

あと、医学部受験のことを知らない指導者だと指導が一般的になってしまい、

少々心許ないように映るかもしれませんね。

英語ができるから医学部受験は問題なしって具合でやっていると

足元掬われます。特にマーチレベルの指導しかしたことない指導者は危ないっす。

他の科目との連携を考えなきゃいけないので、

マーチレベルをギリギリで1年だけで量産させる中途半端指導・ごまかし気味指導だと、

端にも棒にも引っかからないでしょうね。

要は英語一本で指導ごり押しなり、数学一本ごり押しで医学部合格はありません。

これは断言できます。医学部受験はバランスがすべて!

そこがわからない指導者は医学部受験では少々危ないっす。

(超デキル学生を相手にするとか、英語だけできない学生を指導するならいいですけどね。)

あと、これは医学部予備校等を選ぶ場合に指標にしてほしいですが、

医学部予備校でも科目が強い・弱いが結構出てきます。

私がいる予備校は、多分化学はバランスが良い先生が揃っているし、

数学は重鎮が一人いるし、英語はTOEIC950以上がほとんど、

僕も含めて院卒orSLA理論をやっているかたばっかりです。

(僕はSLAやったことない、社会学からきた少々異色の英語講師です。)

生物はいい先生だし、物理も悪くない。

まあそれなりにいるので、良かったらご案内しますww

でも、他のHPをみていると、どっかの予備校の名物講師を呼んで

専門講師でなく非常勤でもほぼ授業が取れない先生とか、

生物・物理などの専門科目の講師不足は結構どこにでもある話で、

ちゃんとどういう講師なのかを聞いた方がいいです。

私の所属している予備校の試験は結構えぐくて、先日も採点する機会がありましたが、

できる人とできない人の差が激しく、ちょっとできないとがっつり切ります。

そういう基礎基準が高くやっている予備校は名古屋にもちらほらありますので、

そういう講師が集まるところへ行きましょうね。
cancan
Posted bycancan