FC2ブログ
2017
02.12

目の前の現実から逃げる人は逃げる人生しか待っていない。

Category: 雑記
さて、一般学部の受験が早稲田だけになってきました。

我が軍の今年の私学受験も、指導生ほぼ全員センター利用で私立を決めているので、

本命の早稲田・慶応や国立大学だけになっております。

医学部とは大違いで、最低限大学へいく枠をもって受験に臨んでおります。

そんななか先日、ある学生が予備校にいて受験が終わったようだったのですが、

まあいく所が決まってないにも関わらず、友人とスマホをにらめっこしておりました。

実は個別指導でも「口だけ番長」化してしまった学生がおり、

やはり最後の最後までスマートフォンの虜となっておりました。

いやー、スマホは何でもできるので毒ですね。私も指導の合間に連絡等が入るので

ささーっと使うことがあるのですが

(予備校の授業ではないのですが、個別は使います。すみません)、

勉強するときや真剣に哲学書を読むときは、さすがにスマホ片手にすることはありません。

勉強するときは、その時間だと割り切って集中するべきです。

でも、誘惑には敵わないんですよね。私も自分の家にいると炬燵があって、

何かをしようと思っても、結局何もできずにそこで寝てしまうのです。

それをちゃんと学習して、最近ではファミレスで仕事や勉強処理をやったりします。

そろそろ引っ越すつもりなのですが、やはりデスクは必要ですね。勉強しないわw


でも、人生がかかっている勝負でスマホごときに心奪われるのは

精神的に未熟以前に自分がどういう状況であるかもう一度考えるべきです。

別に大丈夫、最悪ダメでももう1年あるぐらいに考えていたら、即刻就職した方がいいです。

そうやって適当に大学に入っている人は、大学に入ったところで何も変わりません。

どぶにお金を捨てたほうがましです。私にお金くれれば有意義に使いますwww

今や大学に入ることよりも大学で何をするかであって、

大卒なんてアドバンテージとなる経歴ではありません。

僕が社長だったら、何もできない大学生よりも、資格をたくさん持っている中卒・高卒を雇いますね。

ちなみに今私が年に2回ぐらい短期で雇っているバイトの人は、

高卒ですけど、営業バリバリやって、子育て奮闘中で、パソコンの資格をたくさん持っている人です。

変にプライド持っているクソ大卒なんかよりも数倍仕事が速いし、ミスが少ない。

だから大学出ていることは今や何のステータスにもなりません。

でも、もちろん「大学へ行こう!行くべき!」だと言います。

それはなぜか。一つは社会での動きやすさの問題です!

受験は今や高学歴を手にするためのツールとしては使う意味がないなと思っております。

もしエリートとして行きたいのであれば、ヨーロッパとかアメリカへ渡って、

言語をたくさん使えて、他のこともできて海外で仕事ができる人間になった方がいいです。

東大なんていくよりも、アメリカのちょっと落ち目ぐらいの所へ行った方がお得感満載ですもん。

でも、全員がそれができるわけではありません。日本に留まりたい、とどまるしかない、

できるだけ動きやすい状況にしたい。そういう最低限の状況をつけるツールとして考えれば、

比較的てっとりばやく色々手に入るかもです。

私も名大に入ってよかったと思うのは、

「東大ほど崇められたりしないし、別次元扱いされないし、めちゃくちゃバカにもされない」

ちょうどいいラインという称号をもらえたということww一応知っている人が多い大学なので

まあちょうどいい立ち位置ですよね。

そして「逃げ癖」をつけないためです。

現代の受験というツールは、いいところへ受かるということよりも

「ある程度勉強しないとそれなりのところに合格できない、

だから勉強を実践して結果を獲る練習をしよう」
っていうものだと考えます。

受験はよっぽど高い目標じゃなければ、2年以内に結構どこでも受かると思っています。

7年前に私はノー勉でセンター試験を受けましたが、

国数英社はトータルで95%ぐらいありましたし(ちなみに理科は2教科で21点しかなかったwww)

それなりにやればスコアは出ます。こうやって適当に受けてもうまくいくのは

修羅場を通ってきているからです。そのとき受けるセンター試験はそうは簡単にはいきません。

95%とったからすげーだろなんてあほなことはいいません。

でも、きつーい状況の中でスコアを出したり、成就したりすることで

ある程度納得いく結果を手に入れてしまうと、後々結構いろいろやる上での指標にもなるし、

躊躇せずにものごとをやろうってなります。

そういう自信をつけるためには、受験は結構いいツールですよね。

(結果を出そうと思いつめると、鬱製造機になりますので、結果に固執しすぎない。

これぐらいのところにはいきたいなーって思っていると、結構受験は楽しい??ww)

でも、こういう人生が決まる部分が大きいイベントで逃げる人は

やはり人生でも逃げます。もっと楽な方へと逃げようとします。

そして、勝てないと分かると、やはり逃げます。そして、大成する時期を逃します。

大人になってくると逃げられない場面ってたくさんあります。

逃げたら仕事がクビになるだけならまだしも、裁判にかけられたり、

周りの人も共倒れして、挙句の果てに倒産しちゃうとかってことも無きにしも非ずです。

受験での勝負はみんなしたくないのですが、一度は味わっておくべきです。

そしてちゃんと勉強した上で臨むべきです。

結果が出て、満足していない人は今頑張るべきです。

そして、今年の受験が終わってダメだったと思ったら、引き続き勉強し始める準備をすべきです。

真剣に勉強したいと思って来年にかけて勉強し始めている学生はいます。

我が軍には2人、「来年は国立医学部!!」と叫んでやっています。

是非ともスマホをみるよりも、現実を見てほしいです!
トラックバックURL
http://caseofcases.blog116.fc2.com/tb.php/1673-3d4abc27
トラックバック
back-to-top