FC2ブログ

物語文を読むと、国語力が上がる+注意力あがる。

先日、自由英作文の添削をしていて、見事に主旨違いの英文解答があり、

「0点!!!」って学生に洗礼を与えてしまったのですが、

やはり設問の読解が困難な学生や、ちょっとした要点のずれは様々な学生に見受けられます。

まあ英語の場合は母国語じゃないので難しいこともありますが、

それでもエリートや医学部生は英語ぐらいそれなりに読めなきゃいけませんww

そんなことをこれから受験する学生に伝えていたら、

「僕も日本語の本を読まなきゃダメだな」ってなって読み始める学生も増えてきました。

ある学生は日本近代文学をじっくり読み進め、その人の心情を丁寧に追っていました。

またある学生は、私が面白いって話した英文や小説を手に取って、

「私はこう思う」的な感想を言うようになって、

「あ、こいつの視点面白いな」って思うこともしばしばで少しずつ国語力の向上を感じました。

でも、この状況って英語にもつながるんですよね。

読書を始めた学生が急に成績が上がりだしているんですよね、偶然にも。

おそらく、本を読んでいて1語1句を見落とさなくなったということ、

そして語句の意味を単語帳のように1英語1日本語として丸暗記ではなく、

知っている単語を基に全体的な流れから意味をとりだそうとするようになって

センスが上がったのでしょうね。そして、この先にまだステージがあって、

今度はもっと1文をしっかり読もうとするようになれば、文法にも配慮できるようになり、

結果的に文法も強くなります。

国語力っていうのは英語力に直結しないですが、

縁の下の力持ち的な役目を果たしており、必要不可欠な能力です。

日本語で表現できないものは他の言語ではもちろん表現できないわけですが、

本気で実力をつけようとするのであれば、やはり国語に目を向けますよね。

自発的に頑張ろうとしているこういう学生をみると、

私も嬉しくなるし、今後の成績に期待してしまいます。

最近の私の中で面白いと思う本は

宮台真司の「正義から享楽へ 映画は近代の幻を暴く」ですかね。

よかったら手に取ってみてください♪
cancan
Posted bycancan