FC2ブログ

地獄をみて「変われない」と思えば、一生変われない。

さて、受験生に対して現実がたくさん突きつけられております。

医学部受験はさておき、工学部受験組が試験を終えてきて、

まあそれなりにできたという学生と全然力不足だったという学生で

明暗を分けておりました……。

まあできる学生はできますし、もちろん事前にしっかり覚えておりましたからね。

でも、今年は「自分の中では一生懸命やってたつもりですが、ダメでした…」

っていう学生が非常に多く、入試を受けて天底に落とされた感じだったそうです。

でも、そう言っている学生ほど自己評価は無駄に高く、自分の欠点に目がいっておりません。

ある工学部受験生は「勉強している」と言っていても、自習室にはいないとか、

勉強している形跡があっても頭の中では覚えていない……

こんなことはしばしばで、部活も結局中途半端に続けていたって感じで

ずるずる受験期を迎え、勉強する時間を無駄にしていきました。

医学部受験の学生の半分ぐらいも、「勉強している」とはいっても

自分のできるレベルの勉強しかしないし、面倒くさそうなものはすべて避けるor後回し、

英語だったら単語は最後に詰め込み、4択問題をつかって文法事項を丸暗記

っていう学生がザラです。いくら言っても治らない(病気レベルなので「治」を使う)のです。

そこで、受験という刺激なわけですが、ここで初めて自分がダメなんだと気づく人が大半で、

受験本番の意義が現在少し変わっている気がします。

「1度目はだめだったから来年はガンバロウ。わからなすぎた、状況が……」

こんな感じで平気で浪人している学生が

医学部受験の中にも3割ぐらいはいるのではないかと思ってます。

まあそれでも受験して1浪、2浪ぐらいでけりがつけばいいのですが、

そこから引き下がれないのが医学部受験で、麻痺し始めます。

「どうせ今年も受からんだろうけど、とりあえず受けとこうぜ。」的な感覚なんですよね。

なので、受験という本番でさえもいまや刺激にならないような気がしているのです。

(いっそ、受験料金を100万ぐらいにあげたらどうでしょうか?って思うこともあります。

そうすれば10校で1000万ですから、さすがに開業医でも

真面目に勉強させなきゃダメだわって思うかもですよね。

もしくは生涯3回しか受験できないとか。)

まあ今や不合格≠地獄ではないんですよね。なんとかなる!なんですよね。

これはプラスに見えて、ちっともプラスの内容ではなく、中毒のレベルです。

東大信仰が強い人も同様な状況に陥る人がいます…。受験って怖いですね、本当に。


本当に合格するのであれば、不合格した時点で「ここは地獄だ」ぐらいに思えないと

いけないし、不幸が連綿と続く可能性があります。

本当にやばいって感じない限りはたとえ反復しても絶対にうまくいきません。

反復すればなんでもうまくいくっていうのは少々安易な発想で、

オナニーのごとく快楽だけ求めていう反復に、発展はありません。

むしろ刺激をさらにほしくなって、EDへの道が待っている…やはり病気への道しかないのです。

(例えが卑猥でしたね、失礼。)

そして、やばいっていう現実をしっかり感じれば、

おおむね自分がどれだけできそうで、

どれだけやればうまくいくだろう的な算段はある程度つくわけで

そこから現実を考えなきゃいけません。

その最善の努力をして結果をみて初めて、リスタートかここで打ち止めかがわかるわけっすよね。

今受かってないのはなんでだろう?何浪もしてるのにどうして結果が来ないのか?

って悩んでいる人……もちろん自分の科目に対する実力不足っていうのはあると思いますが、

それ以上に自分に甘さがあったのではないか?っていうことを振り返りましたか。

友人と話している時間を構造式を覚える時間にあてられたかもとか

ランチへ向かう間の道のりで英単語を覚えられたのではないか?

とか色々自分の細かい時間の詰めていなさになんか気づけるはず。

そこまでしても無理なら、多分無理かもorよっぽど優れた先生に出会うしかないっすね。

僕は自分が東大の理3には入れないし、勝ち抜く自信がなかったので、

そこだけははなっから狙っていませんでしたw

でも東大文1ぐらいならなんとか…そして法律やりたいから

努力すれば行けるだろうし、行きたいってなって目指していました。

まあそれでも結果として1浪しても無理で、いい線行っていたとは思っても

もう1年やろうって気にはならず、受験にピリオドを打ちました。

じゃあこれが無駄になるかというと、そんなはずありません。

そうやって頑張れたという誇りは人生のどこかで糧になって生きる原動力になっています。

そう思えるようになったのも、自分がダメだったが、どこまで頑張れるかなって

すべてを知った上で努力できたからなんですよね。

ただ単に受験勉強を繰り返しているだけで、参加賞レベルの思考であれば

マジで人生考えたほうがいい。特に医者になろうとしている人は

それしか知らないとか、盲目的な人が多いので非常に言いたいっすね。


そして、同時に自分がやりたいって思えるところに行きたいと思っている人、

今の自分よりももっといい自分があるんだと思いながら、

もっと探究しながら勉強してほしいです。

そのために今の自分を見つめ直してみてください。へこむことも多いですが

そこからの自分形成は結構面白いっすよ。
cancan
Posted bycancan