FC2ブログ

医学部1次試験の状況+この受験期にあってはならないこと

さて、医学部前半戦がもう少しで終わります。

少しずつ一次試験の結果が出てきており、

そろそろ真の実力がどれほどかがわかる時期になります。

正直、今のところ我が軍に1勝は来ている状況となっておりますが、

なかなか2勝以上が取れません。

まあまだ結果が出てないのもそうですが、今年は杏林をあまり受けさせていなかったので

出足は遅めに感じます。

戦況ですが、兵庫医科の小論文でまさかの出典ヒットだったようですwww

私が愛知対策か藤田対策で英語で読んだものが、

日本語訳で出題され、穴抜きの問題が簡単に解けたようですww

まさかの小論文出典ヒット…こんなこともあるのですね。

今年はとにかく読みが冴えまくって当たります。福岡もこの調子で

何か学生のプラスになるように頑張ります。


一方、予備校の状況はというと、やはり案の定よくないです。

国立に賭けている学生や、私立の残り、例えば今日の帝京や福岡に賭けている学生…

まあそれでもいいのですが、かなり勉強しているようで「していなかった」状況のなか

受験に臨んでいる学生が多々いたので、僕としては当然の結果だと思っています。

(それでも、さすがに今年は1次突破が少ない)


そんな受験期なわけですが、絶対にしてほしくないのは

「結果が悪くてもグダグダしないこと!!」です。

気持ちはわかりますが、受験校の相性が悪いのもあるし、

そういう展開になった場合はタナボタを狙うべきです。

昨日、予備校へ行っていた時に先生の横にべったりついて

5時間ぐらい質問と問題演習を繰り返しながら、黙々と勉強している学生をみました。

かたや、へらへらしている浪人生……(見られてもいいや、頭にくるから。)

奇跡が起きる時って前者の人に起こるもんなんですよ。

(仮に後者に合格通知が来ても、素直に喜べませんね…諦める医者とか、

うなだれる医者とか将来マジで見たくないし…診察されたくない)

グダグダするよりも、さっさと先を見て動くこと

まだどこにチャンスが残されているか、どうしたら合格できるか。しっかり考えましょうね。

そして、受験期に笑い声は禁物

気をゆるませるなという意味で、もうへらへらしないでほしい。

でも、医学部受験だと違う学び舎にいた浪人生が試験場に集まるので、

なんか話に花が咲くとかあるんですよね。でも、その感覚がもう日本を物語っている…

そして、中には集まってへらへらしてお通夜のごとく、話をうだうだしている

大手塾のラウンジにいくとイラってします。

そういう状況になった多くの学生は、

その状況がもっと前段階であったはずなんです。そこを反省するべきです。

もっと何かできたかもしれない、もっと頑張れたかもしれない…。

こういう回想は一見美しく、勉強しているふうに見えますが、気のせいです。

自意識過剰も甚だしいし、勉強していないことを露呈しているだけです。

本気で勉強している人は、もちろんそうやって悔いる瞬間がないわけじゃないのですが、

「そんなことを考える暇があったら、

本当に悔いる結果にならないように

今頑張っていこう!!」
って思うはずなんですよ。

前向きさがあれば、あとに違った意味の笑い声が高鳴ることでしょう。

医学部受験生、きついと思いますが、そこに耐えぬいて医師という高尚な職業につけるわけです。

頑張ってください。
cancan
Posted bycancan