FC2ブログ

我が軍のセンター英語その2+失敗は成功の母なんです!

昨日予備校へ行き、状況をきいてみると、

国語と化学でやられている学生が多い感じでした。

やはり国語は去年の現代文が簡単だったのもあり、

今年のものは難しく感じてスコアがだだ下がりでした。

でも、僕の中では「あ、とどまったね!」という感じなスコアが多く、

頑張ったじゃない!っていうスコアもたくさん聞けました。

肝心の英語ですが、順当で191点とか聞けましたし、いやーよかったです。

今年のセンター試験は知っている学生の多くが180点オーバーで、

勉強したねって言える学生が多かったです。

また、高2対象のチャレンジセンター的な試験を受けてきた学生もおりましたが、

こっちのが末恐ろしい感じで、名大医学部志望の学生が166点、

もう一人の名大医学部志望の学生も150点と結構いい感じのスコアが揃いました。

もちろんまだまだ発展途上国で、私個人的にはダメダメですが、

きっと来年は190点以上をさらっととってくる状況になるでしょう。

高2の時点で150点が取れる学生ができることは何かというと、

基礎文法で知らないことがあまりないことと、書き換えがある程度思いつくということです。

とにかく語句に対して抵抗がない状況になっている学生は

この先の伸びしろがたくさんでてきますし、うまくいきます。

高3になる前の3月下旬までには面倒なことをしっかり終えておきましょうね!


さて、センターで失敗してしまった学生さんは、

とりあえず現実をみて、万歳システムとセンターリサーチで受けられるところを探しましょう。

センターでしくじったっていう学生の声もたくさん聞きましたし、

泣きまくっている声もきいております。

私の周りでは幸いそこまで壊滅した学生がいないのですが、

それでも予想よりもスコアが30点下回った学生もおり、

志望していたところを出せないっていう状況の学生もいます。

そこで嘆くよりも、センターの問題をしっかり復習して、

次の受験でも出るかもしれませんので、そのときにしくじらないようにする方が

受験生として賢明な動きだと思います。受験生はまだまだ進化するんですよ。


非常に辛い状況で、センター試験とは残酷なシステムだと思うかもしれませんが、

そこを罵倒しても何も変わりませんし、次へ進まなければ道がありません。

国立が出せないと思えば、私立でとりあえず行ってもいいだろう!っていうところに

全力を注ぎ、合格したら行くか行かないかを決めればいいんだと思います。

国立も微妙な大学へアプライする場合も一緒で、とりあえず受けるだけ受けて

そのあと人生の決断を下せばいいのです。

まずはその瞬間瞬間できることをしっかりこなすことです。

講師はよほど関係がぐちゃぐちゃになっていなければ、

生徒をかばうものです。だから、怖がらずに勝負してきてください!

(僕は結構露骨なので、

本当に微妙にしか頑張ってない学生への仕打ちは容赦ないです。

でも、それも勉強だとおもってあえてやっています。勝つ喜びを得るって大事なんですよ。)

明日から岩手医科を皮切りに私立医学部の受験が始まります。

我が軍は金沢医科がスタートとなりますが、

もう待ったなしの受験戦争勃発です。私は腸チフスのごとく胃がきりきりする日が続きます。

医学部受験の日とはあと一日しっかり勉強して、本番をむかえてください!

cancan
Posted bycancan