FC2ブログ

英語とリハビリは一緒ですね

先月12月末ぐらいまで、

うちの母は股関節部分を人工関節に換える手術をして、

リハビリと入院生活をしていたのですが、

およそ3週間が経ち、無事に日常生活を送ることができております。

そして、人工関節を入れてから歩くことがより楽になったようで、非常に喜んでおりました。

まだまだ重いものを持つことができなかったり、自転車に乗ることができなかったりと

制限がいくらかありますが、非常に親子のいつもの雰囲気が戻ってきました。

そんな母ですが、もちろん定期検診を義務付けられたわけですが、

母はこんなことを言っておりました。

「また2月に検診があるからさ、ちょっと悪化したねって言われないように、

ストレッチとかしてないでしょとかいわれないように、

折角治してくれたんだから良くなっている状況で先生にお会いしなきゃ失礼だよね。」

と話し、毎日1km圏内を散歩しているそうです。

その成果もあり、本当に以前のような引きずっているような歩き方をせずに、

立派な直立二足歩行をしておりました。

日々のリハビリもしっかりやっていたようで、回復は人よりも早かったそうです。


こういう日々の鍛錬が運動機能の改善や復活を促進させるわけですが、

これは英語も一緒です。日々の鍛練や習慣なくして、

スラスラ英語を読むことができないのは言うまでもなく、

英語を書く際には表現が出てきませんし、リスニングなんて上達しません。

もっというと、スピーキングは日々英語を発する口を動かしていなければ、

英語で必要な音は出せませんよね。そして、高速に大量にやればそれなりに

時間を短縮した習得ができるかもしれませんが、大事なのは大量よりも

1日もあげずにコツコツやり続けることですね。そっちのが重要で、

「欠かさない」方が難しいです。私の著書にもコツコツやる方法しか書いていませんが、

最終的には英語ができるようになることしか書いておりません。

良かったら参考にしてみてください。

私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】
cancan
Posted bycancan