FC2ブログ

英語で悩んでいる人へ。+TOEICerや英語講師の暴論に注意。

英語や言語にまつわる学習って、ある程度の習得に至るまでには正直時間が必要です。

ぱっとできるようになる人がいるのは、

中学校のときからある程度基礎を積み重ねてきた学生や

国語力がとびっきり備わっているとか、継続したお勉強ができるといった

ある程度備わっていないと一時的にやってがーーーーーって成績が上がることはないです。

しかし、英語の一発逆転っていうのはあります。

その方法は簡単です。数か月英語だけやる!です。

英語はちまちま時間の合間を縫って勉強していては伸びない科目で、

暇があるうちに面倒な文法事項の基礎を詰めるとか、単語を詰めるということをまとめてやったあとに

ちまちま地道に行うっていう学習ペースをとると、スコアは劇的にわかります。

我が軍の中学生がどうしてほぼ全員(今年は全員高校の範囲に入りました。)

高校内容が終わるか終らないかの実力になっているかというと、

この原理を最大限に使って、そのとおりに解くべき問題を持ってきたり、

ペース配分をつくっているからです。

でも、このまとまった時間を創るっていうのはなかなか難しく、

英語講師の多くはこの原理を理解していても、中高生にそれをする時間がないことを

理解していないことがあります。

要するに、「とにかく英語の成績が上がればいいんだから、時間を費やせ!」

これに傾倒しすぎる英語の先生は結構います。

あと、受験英語を揶揄する方やTOIECerと呼ばれる人の多くは

中高生や受験の現状を知らないために、バランスを意識したプランができていないことが多く、

結構言いたい放題だったりすることがあります。

TOEICerやTOEFL受験者の多くは、なりふり構わず問題集を爆買いして

消費するからできるだけで、実は言うほどすごくないのです。

(時間と気力があれば誰でもTOEIC900点ぐらいちょろく獲れるし、そこまで究める意味はない。

ただ、満点を50回とるとかはすごいと思うし、できる人なんだと思う。

一般の学生でそんなことをやる必要はないし、時間の無駄。マニアになるんじゃないからねー。)


受験生の大変なところは、英語をかなり高得点にしなきゃいけないのと、

他の科目、特に数学や理科を重視しなきゃいけない学生にとっては、

そちらに時間を回さなきゃいけないわけで、英語のためのまとまった時間を創るなんて

本当に至難の業だと思います。

こういうことを意識した上で、私は学生にお話をしつつ、指導する前に

できるかどうかを常に判断しています。もちろんやってみなきゃわからないのですが、

できない人にはできない人の行動パターンや口調ってあるのでおおむね判断できます。

英語はできるようになると思っていますが、一時的にまとまった時間が必要です。

英語をもし飛躍的に向上させたいのであれば、3か月英語に傾倒した勉強時間を設けてみてください。

特に高2で英語を飛躍的に挙げたいと思っている人は、

ここから決死した決断をする最後の時期といえるかもしれません。

英語がこの時期に目処が立たなければ、受験1年での挽回は厳しいし、できる人は一握りです。

英語ができる人に憧れるだけでは、できるようになりません。

英語だけ極めてきた人に教わることが近道ではあっても、

他の科目のバランスをとれた人や受験をちゃんと通り抜けてバランスよく勉強できる人に

英語を教わらないと、正直受験を勝ち抜くのは難しい時があります。

こう言っている私も元理系とはいえ、

微妙な国立文系ガッチガチ人間として最後は受験しているので

めちゃくちゃバランスがいいとは言えませんが、

その経験値から得た勉強のバランスは常に考えてお話はしているつもりです。


英語を極めるのは大学に行ってからでも遅くありませんし、今は受験だと割り切って

英語をやってみるのも一つの手段だと考えて、今回は書いてみました。
cancan
Posted bycancan