FC2ブログ

第2回記述模試の結果を見て…

第2回記述模試が却ってきましたね。いやー、今回は大勝!

1人が176点で偏差値も79をたたき出していました。その友人も指導しているのですが、

その友人たちの間も8点以内の差で、偏差値75以上が5人出てきました。

4年ぶりですねー。こういう代ってたまに出てきます。

この学生たちの指導は基本的に京大の問題を片っ端からやっていってから、

東大の昔の後期の問題や、千葉大の後期、東京外大の問題や慶応法学部の英文を

扱って最終調整をしていきます。

千葉大後期ってなかなか難しいんですが、良い問題が多くて個人的に好きです。

(後期はどこも難しいですよね)

とにかく記述と英訳を重視したものをやらせて、同時にセンター試験の対策をして、

彼らを京大に入れるのが今年のミッションです。


医学部組もそろそろ却ってくるでしょう。

平均点をみる限り偏差値70は切らない学生が多いかなー。

まあみてみなければわかりませんが、医学部受験組が本来は偏差値79をとりたいところで、

まだまだ課題がありそうな予感です。

英語が苦手組も結構いい線行っており、偏差値60初お目見えの学生も

多分出てくるでしょう。これが自信になるといいのですが…。


私にとって第2回記述模試というのは非常に大事な模試で、

ここでスコアがとれるかどうかで国立でどれだけ戦えるのかがなんとなく見えてきます。

そして、この模試で大事なのはスコアです。

もちろん平均点が毎年70点から~90点近辺で20点ぐらい差が出ますが、

その差を物おじせずに、140点をキープしていると

地方の医学部国立までは手を出せるかなーって思います。

旧帝の医学部だとやはり偏差値75をキープできるレベルがほしいので、

160点ぐらいのスコアがやはりみたいところです。

まあ旧帝の医学部目指す人の多くは英語ができますからね。

東大京大志望の学生も150点はほしいですよね。

とまあ色々言いたいことはありますが、個別組は非常に素晴らしい結果で、

予備校もまずまずの結果だと思います。


私の指導は完全に国立型で、記述には結構強くなります。

読むスピードは遅くなりがちですが、訓練の仕方を最後の方でぱっと変えて、

速読する問題に耐えられる力を創るようにしています。

まあやはり自分の語学力(国語力)をどこまで上げるかが

その先の伸びをかえると思っているので、日本語での説明と英単語やかたまりの意味を

徹底的に基礎から作りだせる訓練をしています。

またすぐ記述模試があります。そして、センターマークがあります。

闘いだらけですが、受験生は物おじせずに乗り切りましょうね!
cancan
Posted bycancan