FC2ブログ

あらさがしだけではできるようになりません。自分を捨てて変えていこう。

先日、東京で藤田保健衛生大学の英文を解いていた時に出てきたことです。

英語の問題はそれなりに似たものを作ったかなと自負しておりますが、

それが参考になればいいなーって願っていつも作っておりますが、

自分の答えについてどうなのかを尋ねてきました。

まあ当然ですよね、自分の答えがあっているかどうかは気になるものです。

しかし、少々おかしい質問が飛んできます。

「先生、the same principleってところに線を引いてあるのですが、

その部分以外が答えとして入ってもいいのですか。」

あくまでも下線部内容なので前文の内容を踏まえて該当している部分があっていれば

正解にすると解説で話をして、

また単語の抜き出しだけでは解答になりませんよーってお話をしたつもりだったのですが、

聞き逃してしまったみたいで、

とりあえず上記の様に説明を繰り返したのですが、それは聞き逃しですからいいとしましょう。

しかし、問題なのはここからです。

自分の解答に関する抗議が一切なかったのです。

これってどうでしょう?私としては彼が一体なのために質問をしに来たのか

よくわかりませんでした。

本当にそうだったのかわかりませんが、私はこう考えました。

「正解かどうかなんてどうだっていい。それよりも設問に問題がわかりにくいから直せ。」

私も「その答えはダメだ」と強い語調で言ったのもあるかもですが、

それでも自分の答えがだめなのをわかっていたのではないかと

「自覚があった」ことはなんとなく彼の心を読むことができました。


こういう学生は入試分析ばかりしている多浪している学生に多いです。

抜き出し・型ハメ大好き人間にはまとめるということが本当に思いつかないんですよね。

そして、その通りにならないとすぐ設問のせいにするんですよね。

今回指導している学生はもちろん本来そんな奴ではないので、問題を私も見直してみました。

ただ修正する必要はないかなーって思える問題なので、

(他は完答だったので)よっぽど悔しかったのかなと。


前には自分の答えが正しいと意固地になって文句を言う学生がいました。

その学生は問題のあら探しをするんですよね…。質問ならもちろん歓迎なんですが、

「これは問題に値しない」と取り合わない学生もいます。

こういう学生は自分の考えを変えようとしないから、いつまでたっても成績に変化がありません。

時間を費やせばある程度の所まで行く、そしてセンター試験の問題ではできるようになります。

しかし、自分の疑問点を出していかにも勉強しているようなんですが、

毎回同じことを聞いて、長い目で見ていると全然学習をしていないんですよね。

まあ卑猥な表現で恐縮ですが、学習におけるオナニー的行為なんです。

こういうまじめに見えて実はそうでない学生は未だに多いです

しかも、ある程度進学校に通っているが、そこでは落ちこぼれて

そ子では優越感を手に入れられないために自分よりも経験が下だったり

実績・実力が下であろうと考えられる学生を徒党に巻き込んで、

自分の自尊心をとりあえずキープしている学生に多いです。

現実からかけ離れて、都合が悪いことを聞かないから

毎回同じようなことを聞いていることにもはや気づいていないのですね…。


その日に聞いた質問を自分のものにするためには、

その質問をしたあとにどうやったら根本的な解決ができるかを

考えたりメモしたりする必要があります。

同じことを質問する学生の多くは、答えと結果にしか興味がありません。

しかし、本当に本番でできるようになるためには

結果よりもプロセス重視です。プロセスをよく見て修正をしなければ

結果はいいものになりません。

あとはこれに、当事者である学生が気づかなければなりませんよね。

それには指導者が指摘しなければなりませんが、

指導者とその学生との間に信頼関係がなければなりませんが、

私は現在教えている学生とは信頼関係を気付くことができていて受け止めようとしても、

後者の学生とは信頼関係が作れず、最後の最後まで成績はあがりませんでした。

(まあ指示を聞かなかった奴はどんなにまじめにふるまっても、

私の学生だとみなせませんので、仕方がないと思っております。)

まあどちらにしても、もっと学生を寛容に受け入れられるような準備を

もっと工夫していかないといけないと危機感をもって次に進もうと思います。

cancan
Posted bycancan